法律資格の取得で人事異動
人生が変わったと思った瞬間でした

Y.Sさん(50代)

◆受験回数 10回
◆主な受講講座
中上級講座》蛭町記述コース、演習コース
直前対策講座》択一登記法集中演習講座、択一クイックマスター総整理講座

私はこうして司法書士を目指す決意をしました

大学は法学部に通っていましたが、ぼんやりしている私は特に勉強を頑張った記憶もなくあっという間に卒業をしてしまいました。社会に出てから、法律の知識が必要な場面でも、当然のごとく法律問題について全く理解ができない自分がいました。大学生のときに、法学部だったのに何をしていたのだ?と凄く後悔が仕事中に生じたのがきっかけで、法律資格の学習をはじめました。
それから、宅建や行政書士等の資格を順調にとって行き、会社内でも営業から法務担当に配属されるという人事異動のサプライズが有りました。法律資格の取得で人生が変わったと思った瞬間でした。より会社内で役立ちたいと思い次に受験勉強を開始したのが、司法書士試験でした。

伊藤塾を活用した学習方法

当初は試験の学習も市販のテキストを購入して独学で行っていましたが、仕事をしながらですし、試験科目数が多いこともあり、どの科目も全くといっていいほど理解は進みませんでした。それでもコツコツと学習を継続しているとある程度の点は取れるようになりましたが、何回も受験をしているのに合格にはほど遠い状態でした。特に択一試験の登記法と記述試験は壊滅的にできていませんでした。
そこで、まず記述の神様と評判の高い蛭町浩講師の「蛭町記述コース」をWebで受講をすることにしました。蛭町講師の講座を1回目に拝聴したときは、論理的で情熱的に話しかける講師の講義は楽しいものでしたが、私のレベルが低いこともあり、あまり良く理解ができませんでした。しかし、不思議なことに何度でも講義を聞きたくなるアカデミックな講義でしたので、2回目を聞くと少しずつ理解ができてきました。時間がない社会人なので2回も講義を拝聴する時間を捻出するのは大変でしたが、繰り返して講義を拝聴したことは、記述試験対策にも登記法の択一対策にもなりとても良かったです。復習をすればするほど登記法の独特の考え方や記述試験でのポイントや解く手順が頭の中に入ってきました。蛭町講師の講座の復習は万全とまではいかなかったのですが、本番の試験では思わぬ記述の高得点で合格していました。
蛭町講師の講座の基本部分を押さえるだけで本試験は大丈夫でした。なお、講師は復習の仕方にも言及をされますが、当初私は時間がないことを理由に復習をサボっていました。もっと真面目におっしゃったことを早く実行をしておけば、もっと早く合格ができたのにと悔やまれます。
択一対策としては、登記法が苦手だったので、髙橋智宏講師の「択一登記法集中演習講座」で学習をしました。髙橋講師が趣旨からわかりやすく説明をしてくださり、たいへん理解が進みました。テキストも簡潔に良くまとまっており、不動産登記法・商業登記法の基本テキスト代わりにしていました。この講座のテキストを繰り返すだけで択一の登記法も高得点を取ることができました。
また、講座だけでなく忘れてはならないのは、伊藤塾の質問体制です。どうしても理解ができないことが多かった私は、質問を良くさせていただきました。わかりやすいご返事をいただけるのですが、特に北谷馨講師のご回答は親しみやすくわかりやすいので返事が来るのが楽しみになるほどでした。わかりにくいところをわかりやすく教えてくれる凄い講師であるといつも感心させられていました。
伊藤塾の講座は根本的な考え方からの説明が多くあり、深く理解ができるようになっていました。理解ができると勉強も楽しいので進みます。また、理解ができると忘れにくいし、思い出すのも早いという効果もありました。自己の成長を感じつつ楽しく継続学習ができました。

伊藤塾の各講師についての感想・各講師へのメッセージ

最後に、蛭町講師のテキストは私にとっては貴重なバイブルであり、登記法の考え方の基本を教えてくれたアカデミックなテキストでした。合格後も利用をさせていただきます。
髙橋講師のスムーズで趣旨からのわかりやすい講義は忘れられません。
北谷講師の質問に対する回答もあたたかくわかりやすくて感謝しています。機会があれば北谷講師の講義も受講をしたかったです。
講師の方々には大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。