簡単すぎず、難しすぎず、
問題の質もよい伊藤塾の模試はおすすめです

M.Dさん(40代)

◆受験回数  3回
◆主な受講講座
直前対策講座》プレ模試、全国公開模擬試験

私はこうして司法書士を目指す決意をしました

言いたくても何も言えない。
世の中は理不尽なことが多く、また自分から言わないと何も対応してくれない。
そんな状況に陥った時、自分の身は自分で守る必要に迫られました。
自分を守るためにも法律は不可欠と考えるに至りました。
そしてその状況は自分だけでなく、他の人にとっても同じこと。
そうであるなら法律を使って人の役にも立つことができるのではないかと考えて司法書士を目指す決意をしました。

伊藤塾を活用した学習方法

「プレ模試」、「全国公開模擬試験」を中心に活用させていただきました。
問題の質が良く、簡単すぎず、難しすぎずといった非常にバランスのいい印象を受けました。
解説冊子や動画も大変参考になりました。
丁寧すぎるとの感想がまさに当てはまります。
一つの問題から他科目への比較や間違えやすい論点の整理は受験生にとって痒いとこに手が届く有益なものでした。
そして何より受講費用がお手頃だったこともありがたかったです。
伊藤塾の模試答練受講生はレベルが高くなかなか上位に入ることはできませんでしたが 次は負けないよう目標を立てるのにも都合がよかったです。
又、私は利用しませんでしたがカウンセリングや質問フォロー制度もあるようです。
とても受験生想いの制度が多いのも好感が持てます。

不安や疑問の解消とモチベーションアップ

受験歴は3年、ほぼ専業で我流の勉強を続けた2年間。
特に1年目は全科目を終了したのが受験日前月でした。当時はそれでも諦めていませんでしたが実力不足は明らかでした。
2年目はテキストと過去問を4回ぐらい読み込みましたが、午前午後とも基準点前後でした。学習量も増やしたはずなのに成績は1年目と比べて伸びませんでした。試験終了後は少し焦りを感じ出した頃でした。
そして3年目。
我流のやり方の限界を感じていたこともあって何か新しい視点を取り入れたいと考えていました。伊藤塾の模試を勉強計画に組み込みました。

伊藤塾の各講師についての感想・各講師へのメッセージ

模試だけでなくYouTube動画にも大変お世話になりました。
特に関信敏講師の過去問向上委員会の動画で何度もそれまでの疑問が解消されました。毎回1肢しか取り上げていないのに解説時間は30分以上ありました。基礎の前提の趣旨からの説明が詳しく新たな視点、気づきが必ずありました。時間をおいて2度視聴してみるとまた新たな発見があることもありました。この動画なしに合格はなかったと言って過言ではありません。
入門講座を受けていない人は必須、受けている人にとっても必ず勉強の手助けになってくれると思います。

自身の受験経験を踏まえた、成功例、失敗談など

何度も何度も同じ問題を間違える。わかったはずなのに。
これはおそらく誰もが通る道だと思います。成績は一回基準点付近で伸び悩み、それから26、27点前後でまた頭打ち、そして30点前後へ続く流れになると思います。
勉強を続けていれば気持ちのうえでは完璧を狙ってしまうのが正直な所だと思います。それは否定しませんが、現実はほぼ不可能。できるとこだけやると割り切ることも必要だと思います。
とにかく大事なのはとにかく続けることです。続けていれば報われるはずです。

現在学習中、またこれから学習を始める方へのメッセージ

1年目2年目は義務感を持って机に向かっていました。3年目あたりでは問題を解くこと自体が面白く感じるほどにまで法律に興味を感じるようになっていました。
この試験は普通の人がやり続ければ報われる試験だと信じています。
大事なのはあきらめないこと。
苦しいこと悲しいこともたくさんありますが合格すればすべて良い思い出になります。
“夜明け前が一番暗い”ですがぜひ皆様も頑張ってください。
最後にこのような体験記を書く機会を与えてくださった伊藤塾長はじめ司法書士試験科の皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。