2017年8月~10月

担当講師

{"koza_id":"17A11902"}


開催場所

{"koza_id":"17A11902"}


【サンプル動画】 スタートアップ国際法律実務 YouTube で配信中!
第1回は 「トランプ政権と『法の支配』」
行政のトップであり、軍の最高司令官。核発射の権限を持つ「世界最強の権力者」とも呼ばれるアメリカ合衆国大統領。その権限は強大であり、彼の一言で全てが動くかのように思われます。しかし、大統領選の際にトランプ氏が掲げていた公約は、現時点において進捗のないものがほとんどです。なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。
米国法の理解の第一歩として、アメリカにおける「法の支配」を読み解きます。
(他にも無料動画を順次公開予定です。)

 


日程

■基礎編  ~英文による法律文書の読み方を中心に~
テーマ 時間
(分)
第1回 英文契約を読む(総論) 180
①英語条文の読み方の基礎(1) 
②英語条文の読み方の基礎(2) 
③英文契約の基本構造 
第2回 英文契約を読む(各論) 180
①売買契約・販売店契約
②ライセンス契約
③合弁契約
第3回 利用規約・外国法の条文を読む 180
①利用規約を読む(1) 総論
②利用規約を読む(2) 各論
③外国法の条文を読む~会社法を題材に
第4回 日本法を英語で説明する 180
①総論 法律用語の英訳における留意点
②各論(1) 会社・企業取引関係
③各論(2) 一般民事・家事関係

※第2回は、売買契約・販売店契約のポイントと典型的な条項の解説が中心となります。ライセンス契約・合弁契約については、これらの契約を初めて読む方向けに、これだけは押さえておきたい基本事項に絞って解説します。

■応用編 ~米国法の基礎~
テーマ 時間
(分)
第5回 英文契約(応用編) ~合弁契約 180
第6回 米国契約法と契約実務  180
第7回 米国不法行為法  180
第8回 米国の民事訴訟  180

講義はすべて配信中 <配信終了日 X02クラス:2019/5/31>

講座内容

 
国際法務を扱う、ビジネスパーソンのための新講座
N.Y.州弁護士 赤羽根大輝講師がわかりやすく解説!

外国企業との取引で契約書を扱う方や、
インバウンド・アウトバウンドビジネス、国際取引分野に進出を考える士業の方向け、
ファーストステップとしての基礎講義です。

【基礎編】では、英文契約書や法律文書を正確に読み解くことを目的として、そのために押さえておくべきポイントをお話しします。また、特にインバウンド法務において必要とされる、「日本法を英語で説明する」スキルについても、具体的事例を取り上げながらご説明します。

【応用編】では、より詳しく米国法について知りたい方向けに、主要な法律についてコンパクトにお話していきます。


【時間】 
 基礎編 第1回~第4回 各回3時間 全12時間
 応用編 第5回~第8回 各回3時間 全12時間
 *基礎編は、各回ごとのご受講も可能です。
 *基礎編については、ご受講前に目を通していただくと
  より受講効果を上げることのできる「事前課題」資料がございます。
  ご受講前に講義配信ページに掲載されているPDFデータをご確認ください。
【担当】 
 赤羽根 大輝 講師 
【使用教材】  
 
伊藤塾オリジナル教材(PDF掲載)


---担当講師profile>>赤羽根 大輝 (あかはね だいき) 講師>>---

弁護士。アメリカN.Y.州弁護士。東京大学法学部卒、コロンビア・ロースクールLL.M.修了。
大学卒業と同時に三菱電機株式会社へ入社。働きながら学習に取り組み、2006年司法試験合格。修習後は、オリック東京法律事務所・外国法共同事業へ入所。その後、米国コロンビア・ロースクール留学、ポールヘイスティングス法律事務所・外国法共同事業での執務等を経て、2015年10月に独立開業。現在は他の弁護士との共同事務所を構え、日本でビジネス展開を行おうとする外国企業等の支援(インバウンド法務)・日本企業の海外展開支援(アウトバウンド法務)の双方を含む国際ビジネス法務を手掛ける。
受験生時代には、伊藤塾教材制作部門でスタッフとして勤務。そこで培われた出題者視点の問題分析力と、国際的な実務のフィールドで得た知見、その双方について受験指導へのフィードバックが期待される。

 


{"koza_id":"17A11902"}

{"koza_id":"17A11902"}