2018年予備試験短答式試験 合格者の声

2018年(平成30年) 
予備試験短答式試験 

合格者の声 
働きながら合格 大学在学中合格

早くも伊藤塾有料講座受講生 1,067 名より
喜びの声が届いています!

 
※講座内訳・・・入門講座:657名、講座答練:319名、模試:91名(2018/6/19 15:00現在)


伊藤塾は「有料講座受講生のみ」を、合格者として紹介しています。 

※掲載しております合格者のプロフィールは、2018年予備試験短答式試験合格時点のものです。
※2018年予備試験短答式試験合格者の皆様は、司法試験合格前のため、ご本人の学習環境に配慮して、実名・イニシャルでの公表を控えさせていただきます。

速報!2018年(平成30年)司法試験予備試験
短答式試験 合格者の声!

私たちは全員、司法試験入門講座を受講して合格しました

DJさん

<公務員>
学習開始1年で合格!働きながら合格!


2017年4月から学習を開始しました。伊藤塾の講義は具体例を示しながら、論理的にわかりやすく教えてくださったので、頭に入りやすかったです。また、法律の全体像をしっかり説明してくださったので、初学者の私でスムーズに法律の世界に入ることができ、楽しく学習を進めることができました。

DZさん

<立教大学法学部3年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


法律相談サークルの幹事長をしながら勉強していますが、基礎マスターテキストや過去問を繰り返すことで合格できました。在学中に最終合格できるようにこれからも頑張ります。

DBさん

<公務員>
働きながら合格!


一時ブランクができてしまい、諦めかけた時もありましたが、最後までやりとげて良かったと心から思っています。テキストは伊藤塾の入門講義テキスト以外は使用しておらず、それだけで十分だと感じました。

Kさん

<慶應義塾大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


去年短答で残念だった分、結構嬉しいものです。基礎マスターを全部受講することはもちろんですが、ひたすら過去問をやりこんで間違ったところを解説で補充したり、予備試験短答答練・短答模試を活用したりしました。もし1年目の学習で短答に落ちてしまっても、論文の勉強をするうちに知識が固まるところもあるので、諦めずに頑張れ!

ELさん

<会社員>
学習開始1年で合格!働きながら合格!


働きながら、しかも法律の知識も全く無い状態から、1年で短答式試験に合格できた要因は、基礎マスターを何度も繰り返しこなしたこと、そして過去問を徹底的に分析したことに尽きると思います。この結果に慢心せず、論文式試験試験に気持ちを切り替えて頑張ります。

Rさん

<明治大学法学部2年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


伊藤塾講師の指導の通りに勉強を進めていました。答練などの機会もフルに活用し、過去問を解いたくらいしかやっていないので、何か特別なことをしたわけではありません。講義では、自ら考え、会話するという癖を付けることができました。勉強が苦手だった僕であっても上手くいくようにやり方等正しい方向へ導いて下さいました。

ASさん

<北海道大学法学部3年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


基礎マスターテキストのBランク以上の個所、講義中に指摘された箇所を繰り返し見て復習し、復習後は過去問を解きました。

IFさん

<大阪大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!


基礎知識を確実に押えることが大事だと感じました。

IAさん

<会社員>
働きながら合格!


基礎マスターの学習のみで知識量としては完璧です。あいまいな知識よりも確実な知識が大切です。論文の学習と平行して進めることで、判例知識も習得していきました。

B.Wさん

<一橋大学法学部2年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


勉強してまだ1年目だったので、合格するために必要な知識をしっかり獲得する力が大切だと感じました。基礎マスターを受講して、必要な知識の定着を図ることができました。

BRさん

<会社員>
働きながら合格!


細かい知識を付けるより、基礎マスターの復習を何度も行なって基本的な知識を定着させたことが合格につながったと思います。また、予備試験短答答練と予備試験全国公開短答模試は、自分の立ち位置の把握や回答にあたっての時間管理、幅広い問題に触れるという観点で役立ちました。

TTさん

<東京大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!


今年はアウトプット中心の対策をしました。それに加えて知識が曖昧な部分は基礎マスターテキストで復習をしました。短答のみの対策期間は1ヶ月程でしたが、効率よく学習する事が出来たと思います。

GEさん

<会社員>
働きながら合格!


「日々淡々と勉強する」講義中、講師が何度かおっしゃっていました。この言葉は、直前期にまとまった勉強時間が取れない社会人受験生にとって、最も有益なアドバイスだと思っています。日々淡々と過去問を繰り返し解くことによって、徐々に合格に必要な基礎マスターの知識が定着していきました。

IBさん

<慶應義塾大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


基礎マスターの講義を一通り聞いたあと過去問を繰り返したことが合格につながったと思います。

AUさん

<会社員>
働きながら合格!


基礎の徹底を図りました。勉強方法も、過去問や一問一答、基礎マスターテキスト、条文を繰り返すことを徹底させ、時間がない中でも精度の高い知識の絞り込みを図れました。そして今年は時間がない中でも、予備試験短答答練を利用して効率よく洗い出しをすることができました。

Eさん

<慶應義塾大学法学部2年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


基礎マスターテキストテキストを2、3回繰り返したら、恐れず過去問を解いて、わからない箇所をテキストに戻り、自分の欠点を補っていく勉強が効率がいいと感じました。とにかく過去問を完璧に近づければ、未知・初見の問題へも既知の知識、判例等に引きつけて思考することで、対応できるようになると感じました。

ICさん

<会社員>
働きながら合格!


伊藤塾の基礎マスターテキストは、短答対策にも有効な知識が網羅されているので、試験直前まで知識の整理や確認にたいへん役立ちました。

FQさん

<京都大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!


過去問をすることはもちろんですが判例を大雑把に掴むだけでなく理由付けや細かいところまでしっかり把握しておく必要があると感じました。

GFさん

<塾講師>
働きながら合格!


伊藤塾の講義復習がそのまま短答にも十分活かせることができました。解説で必要な基礎知識や論点を始め、参考判例や関連知識も十分カバーされているため、確実な基礎の理解ができたと同時にメリハリの効いた効率的な学習ができた点がそのまま短答の合格にも直結したと思います。

BAさん

<中央大学法学部3年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


過去問演習と基礎マスターテキストの復習をくり返しました。過去問を解き、わからないところを基礎マスターテキストで確認することを何度も繰り返すことで知識がついたと思います。

Pさん

<その他>
働きながら合格!


基礎マスターで得られた知識や法的思考の方法は短答式試験合格の土台となりました。基礎マスターは、難解な法律学をわかりやすく学ぶことができる講座で、独学よりも数段速く合格に必要な知識や思考方法を習得できると思います。また、短答答練では、見落としがちであるにもかかわらず重要な条文や判例についても問われため、本試験前にそれらを抑えることができ安心して本試験に臨むことができました。

BUさん

<名古屋大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


基礎マスターと短答過去問を何回もやり直して知識を定着させて行くことが大事だと思いました。細かい知識は必ず条文をみて目に焼き付けて、一度で覚えるより何度も見て頭に残していくことが効率良い方法だと感じました。

IGさん

<公務員>
働きながら合格!


理系卒の社会人です。伊藤塾では基礎マスターから的確なご指導をいただき、感謝しています。教材も、初学者にもわかりやすかったです。ゼミは毎回実力以上のものを課されてつらかったですが、逃げずに向き合ってきたことが、いま自信になっていると感じます。

IDさん

<早稲田大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


基礎を確実に身につけたうえでの応用力が必要だと感じました。まずは基礎マスターで知識を定着させるべきだと思いました。

IJさん

<法律事務所事務員>
働きながら合格!


仕事前、仕事後、休日を使ってコツコツ勉強してきましたが、成果が出てよかったです。伊藤塾の入門講義テキストと問題研究は必要最小限の知識を習得することができ、短答式試験合格に非常に役立ちました。また、これらのテキストと司法試験、予備試験の過去問のみに絞ってとにかく繰り返したことが合格につながったのだと思います。予備試験含めまだ試験は続きますが、今まで通りできることを繰り返して頑張ります。

IEさん

<東京大学教養学部2年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


基礎マスターのテキストを読み込み、過去問も解きました。知識は基礎マスターで十分だと思います。これからは、模試なども受け、試験慣れしたいと思います。

IHさん

<その他>
働きながら合格!


予備試験を合格するためには、①予備試験、司法試験の過去問②基礎マスターの2つを愚直に繰り返すことが肝要であると感じました。7月の論文式試験も合格できるよう、淡々と日々勉強に励みたいと思います。

GYさん

<教職員>
働きながら合格!


過去問の復習と伊藤塾の予備試験短答答練及び予備試験全国短答模試を活用して、間違ったことのある過去問をできるだけ完璧に答えられるように取り組みました。

GKさん

<塾講師>
働きながら合格!


合格した喜びよりも論文試験をとにかく突破したいという気持ちでいっぱいです。基礎マスターが全てです。疑問が生じたら基礎マスターテキストに戻って確認する、この繰返しです。

HXさん

<大阪市立大学法学部2年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


基礎マスターをきっちりやることでなんとか1年で短答式試験に合格することができました。本当に嬉しいです。答練などでアウトプット式の復習もできたので、役立ちました。

KUさん

<会社員>
働きながら合格!


引き続き、論文試験に向けて全力で頑張ります。短答では、やはり基礎マスターが役に立ちました。

KRさん

<中央大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


昨年度の予備試験論文式試験で約1点差で不合格となってから、論文式試験を見据えて勉強してきました。合格を知ってほっとするとともに、必ずや今年度の予備試験に最終合格するという気持ちでいます。合格にあたっては基礎マスターが大変役立ちました。

CQさん

<自営業>
働きながら合格!


ゴールは短答合格ではないので、とにかく論文突破に向けてラストスパートをしていきます。伊藤塾の講義は、基礎マスターは言うまでもありませんが、特に論文マスターが役に立ちました。聴き直せば聴き直すごとに新たな発見があります。

JFさん

<私立大学政治経済学部3年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


学習期間半年という短い期間で短答式合格までたどり着けて非常に達成感が大きいです。伊藤塾の入門講座で試験に必要な知識を過不足なく教えてもらえたおかげで、短答式の過去問演習も詰まるところが少なく非常にスムーズに行うことができました。論文式試験もこのまま頑張ります。

NTさん

<会社員>
働きながら合格!


短答は過去問を中心に勉強しました。予備試験短答答練は短答知識の修得状況を確認すると共に、弱点を把握して、そこを重点的に補強するのに効果的だったと思います。また、予備試験全国公開短答模試は受験生の中での自分のポジションの確認に役立ちました。

ENさん

<早稲田大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!


合格に役立った講座は基礎マスターです。講義自体は論文に向けられたものでしたがテキストには短答に必要な条文知識や判例知識が詳細に書かれており、また理解しやすいように整理されてあったため知識の定着に役立ちました。

NUさん

<自営業>
働きながら合格!


短答式試験の合格に役立った講義 は、基礎マスターです。基礎マスターテキストには、網羅的に知識が記載されていることに加えて、受験生が混乱しやすい短答知識を表にしてまとめられており、知識のまとめ教材として役立ちました。

CYさん

<岡山大学法学部2年在学>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


1年前に予備試験の勉強を始めて、それから合格に向けて懸命に頑張ってきた成果が出てとても嬉しいです。伊藤塾の基礎マスターで各科目の基礎をしっかり学ぶことができたので、自信を持って試験に臨むことができました。本番では、焦らず淡々と問題を解くことを意識してできたのが良かったと思います。次の論文も合格できるように頑張りたいです。

Tさん

<公務員>
働きながら合格!


伊藤塾では入門講座をj受講していましたが、短答式試験直前でも講師が指示したマーク箇所を見直すだけで復習が効率よくできました。法学部出身でもなく、働きながらでも合格できたのは伊藤塾のテキストおよび講義のみを何度も繰り返したからだと思います。去年は短答式試験後に体調を崩し入院してしまったので、今年は体調に気をつけ、論文式試験に向けて頑張ります。

MJさん

<国公立大学法学部2年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


学習開始1年で短答に合格できたことは去年の自分の勉強・努力が間違っていなかったことの証明のようで、素直な喜びの感情に包まれています。大学入学当初から伊藤塾に通う決断ができたことは本当に正解でした。合格に役立ったのは、基礎マスターです。短答合格に必要な知識は全て基礎マスターとテキストで獲得できました。講義自体が必要十分にまとまっていること、インターネットフォローが充実していることが、忙しい大学生活と予備試験の学習との両立を可能にしてくれました。

CGさん

<会社員>
働きながら合格!


短答は、時間がない中で、正解を導くことの難しさがあります。この点を特に意識して過去問を中心に勉強しました。本番では、緊張のせいか、多くのミスをしましたが、瞬間的にわかる問題もあり、ところどころで落ち着きを取り戻しながら最後まで何とかたどり着いた感じです。短答の勉強のコツは、予備試験短答総まくり講義でヒントを得ました。

FFさん

<慶應義塾大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


昨年短答合格に10点ほど足りず、なかなか成果が見えない状態でしたが、今年受かることができ、自信がつきました。伊藤塾のゼミでレベルの高い塾生に刺激され、モチベーションを保てたことが一番良かったのかなと思います。やはり、気持ちを切らさずに、コツコツと、伊藤塾で学習することを続けるのが合格への一番の近道なのではないかと感じます。大学の部活動と両立させながら、論文式試験に向けてますます頑張っていきたいと思います。

NVさん

<会社員>
働きながら合格!


短答式試験対策で手がいっぱいだったのですが、ゴールデンウイークに伊藤塾の予備試験全国公開短答模試を受講ことで、本試験の練習になって自信がつき、スコアを参考にして苦手分野の復習に役立てられたことが良かったと思っています。

IMさん

<大阪大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!


伊藤塾の予備試験全国公開短答模試は、絶対に受験するべきだと思います。私の場合、結果がかなり悪かったのですが、かえってそれがやる気に繋がりました。自分の実力を知ることができますし、結果が良くても悪くても、本番直前の過ごし方にいい影響があると思います。

Hさん

<会社員>
働きながら合格!


スキマ時間を利用して平日で2~3時間、休日で3~4時間、1週間では20時間ぐらいの学習時間でした。利用したのは伊藤塾の入門講義テキストと過去問だけです。他の受験指導校は利用していません。手を広げすぎずテキストと過去問を繰り返すことで合格はできます。

FUさん

<早稲田大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


やはり、入門講義が1番役に立ちました。過去問を繰り返し解き、間違えるたびに入門講義テキストに戻っていました。論文も基礎を大切にして頑張りたいです。

BZさん

<会社員>
働きながら合格!


16年7月から入門講座を受講しています。初学者の社会人が2年足らずで予備試験論文式試験に挑戦できます。全ては要点を的確に絞込んだご指導のおかげです

JKさん

<中央大学法学部2年在学中>
大学在学中合格!


伊藤塾の基礎マスターテキストを法律全体の体系を意識しつつ読み込み、それと並行して過去問を繰り返して知識を定着させていくことに尽きると思います。淡々とこなして、周りの先輩や同級生のアドバイスを鵜呑みにしないことも大事です。

BOさん

<公務員>
働きながら合格!


昨年は2点足りず不合格だったため、今年は何としても合格するという意気込みで学習してきました。短答式試験は、過去問や答練を解きつつ、基礎マスターに常に立ち返ることが重要だと思います。

GAさん

<北海道大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!


合格に役立った伊藤塾の講座としては、入門講座が役に立ちました。入門講座で勉強したことを繰り返して後は過去問を繰り返し解きました。その他にも、答練などの論文の勉強をすることで、短答合格に必要な基本的知識を手に入れることができたと思います。短答合格のためにはやはり基本的な知識を正確に、かつ、幅広く抑えることが重要なので、その点を意識して伊藤塾の講義で日々勉強できたことが良かったと思います。

JTさん

<公務員>
働きながら合格!


合格に役立ったのは、何より基礎マスターでした。私は何度も受講のペースが遅れてしまいましたが、在宅校のカウンセリング制度を利用して、毎月計画を立て直していました。また、自分の勉強方法についても相談に乗っていただき、正しい方法で学習を続けることができたのも短答式試験合格に役立ったと感じています。

LQさん

<慶應義塾大学法学部2年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


基礎マスターゼミで質の高い講義を受講し、才能溢れる仲間たちと切磋琢磨したことが合格につながりました。電車の中でできる学習支援システムも復習に役立ちました。論文も頑張ります。

Cさん

<会社員>
働きながら合格!


短答過去問総まくり講義の受講が役立ちました。

OAさん

<中央大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!


過去問を解きながら、つまずいたところ、理解がなおざりな部分は基礎マスターテキストでしっかり復習しました。

OIさん

<会社員>
働きながら合格!


伊藤塾の講義については、基礎マスターレベルのものがまさにマスターできていれば短答試験合格には充分であると思います。繰り返し復習し理解度を上げていくことが重要だと思います。

XXさん

<大阪大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


論文マスターの受講が理解を深めるのに役立ちました。短答には合格しても論文の力はまだまだなので、最大限の努力をしたい。

BBさん

<自営業>
学習開始1年で合格!働きながら合格!


"法律初学者で2017年3月学習を開始しましたが、スケジューリング制度でクラスマネージャーから勉強方法についてのアドバイスをいただけたので、すんなり法律の学習に入ることができました。伊藤塾は、受講料が高いと感じがちですが、1ヶ月単位の受講料にしてみるとさほどではないと思っていました。

MGさん

<一橋大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!


当日難しい問題にいくつもぶつかり「もうダメかも」と思いましたが、諦めずに知っている知識で選択肢を絞り最後まで全力で挑んだおかげで、なんとか合格することができました。過去問を何度も解き、間違えた問題を徹底的に復習することが、合格の鍵だったのではないかと思います。

NXさん

<会社員>
働きながら合格!


昨年は、講義を受講するだけで精一杯で、暗記に時間を割くことができませんでした。そのため、本試験では、伊藤塾長が講義で説明されていた箇所でも、暗記・理解が不十分と感じていました。今年も働きながらの勉強のため、仕事のあと、2時間くらいしか勉強時間を確保できませんでしたが、きちんと学習に時間を割くようにした結果、合格することができました。

CPさん

<立教大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


基礎マスターテキストは、通年通して読み込んでいました。何度も何度も繰り返し読むことで全体像が理解が深まると考えたからです。直前期はより細かい部分まで、読み込みました。短答合格のためには、基礎マスターテキストを読み込むことと、過去問を解くだけで十分です。

ADさん

<公認会計士>
働きながら合格!


学習をする中で得られた法律の知識は、公認会計士の仕事でも役立っています。日々の学習については、閑散期に講義を集中的受講し、テキストのマーキング等で学習素材作りを行ないます。そして、繁忙期になると、細切れ時間を見つけて暗記などを行なうという次第です。何度も解く問題を選定することなどを丁寧に行なっておくことで、繁忙期も有効な学習が出来るようになりました。

RRさん

<千葉大学法政経学部3年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


伊藤塾の基礎マスターで使う入門講義テキストは要点がまとまっていて、そこに自分なりに注ぎ足していくようなイメージなので講義を聴いて、テキストを進めながら理解していくことが今回の合格に繋がったと思います。

JXさん

<司法書士>
働きながら合格!


伊藤塾の入門講座を受講しました。基礎マスターでは、効率よく各法律を学ぶことができました。引き続き論文式試験に向けて頑張ります!!

FOさん

<日本大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!


アルバイトをしていましたが、休憩時間にも勉強するなどして、両立をはかりました。伊藤塾の講義は、初学者の立場に立って講義をされるので大変分かりやすく、また楽しく勉強できました。

ARさん

<会社員>
学習開始1年で合格!働きながら合格!


基礎マスターと短答過去問のみを繰り返し、基礎マスターと短答過去問以外には手を広げないようにしていました。今年の論文試験は精一杯頑張ります。

CAさん

<明治学院大学法学部3年在学中>
学習開始1年で合格!大学在学中合格!


伊藤塾での勉強のほか、同じ講義に出席している友人同士で、学んだ知識の理解度を確認しあったり、授業の理解度を深めるために講師から出される課題等に取り組んだりすることによって、短答試験合格を達成しうるまでの実力を手に入れることができました。正しい勉強法で学習すれば、大学に関係なく合格できます!

KBさん

<司法書士>
働きながら合格!


伊藤塾の基礎マスターで法律を学び直していますが、仕事との兼ね合いの中で効率的に学習を進める上で、基礎マスターの中でなされる「ランク付け」を活用しています。

GPさん

<名古屋大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


予備試験の短答式試験は、科目数が多く、範囲も膨大な試験です。かなり細かい条文知識や判例理解が求められます。この点、伊藤塾の基礎マスターでは、重要度ごとにランク付けしていくので、メリハリを付けて学習することができ、効率よく重要なポイントを押さえることが出来ました。

CVさん

<神戸大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!


合格には綿密なインプットが不可欠であり、その点で伊藤塾の基礎マスターは非常に重宝しました。うわべだけの知識ではなく、その根底にある原理原則まで記載されており、インプットの素材としては十分なものでした。

IXさん

<大阪市立大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!


前年度の受験で基礎知識の定着が不十分であると感じたので、基礎知識の正確な理解を念頭に置いて対策をしました。具体的には、過去問を解く際には選択肢の正誤の理由も答えられるようにし、分からなかった部分については基礎マスターや塾のテキストで確認するという作業を繰り返しました。

合格者が学んだ講座はコレ!

司法試験入門講座