2017年(平成29年)司法試験予備試験 最終合格者の声!

伊藤塾は「有料講座受講生のみ」を、合格者として紹介しています。 

※掲載しております合格者のプロフィールは、2017年予備試験短答式試験合格時点のものです。
※2017年予備試験短答式試験合格者の皆様は、司法試験合格前のため、ご本人の学習環境に配慮して、実名・イニシャルでの公表を控えさせていただきます。

速報!2017年(平成29年)司法試験予備試験
短答式試験 合格者の声!

私たちは全員、司法試験入門講座を受講して合格しました

Tさん

<会社員>
働きながら1年で合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開 短答模試など
まずは基礎マスターをひと通り学習することです。そして、過去問などで実際に問題を解き、あやふやな部分の復習をするのが効率的だと思います。また、直前期には伊藤塾の予備試験短答模試など、実際の本番形式で過去問を解いてみることが肝心だと思いました。

Aさん

<慶應義塾大学法学部2年在学中>
大学在学中合格!学習開始1年で合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験全国公開短答模試
日々の伊藤塾の講義をしっかり聞き、その度にしっかり復習すること、過去問を直前に追い込んで解くことが大切だと思いました。

Wさん

<会社員>
働きながら1年で合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング
勉強を始めてまだ1年ですが、短答式試験に合格できて驚いています。社会人で司法試験入門講座本科生です。基本的なことですが、講義でインプットをし、短答過去問でアウトプットをするという繰り返しが役立ったと思います。

Dさん

<上智大学総合人間科学部4年在学中>
大学在学中合格!学習開始1年で合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開 短答模試など
法学部以外の学部に所属していますが、初学者でも伊藤塾の基礎マスター講義を活用すれば、1年足らずで短答式試験に合格できると思います。もっとも、短期間で合格するためには、メリハリをつけて学習する必要があり、そのメリハリ付けに伊藤塾の講義はとても役に立ちました。

Fさん

<会社員>
働きながら1年で合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング
求められている知識の程度を把握する力と反復する力が必要だと思います。基礎マスターをしっかりと聴き、聴き終わったら都度テキストの読み込みなどの簡単な復習をするというのが基本になると思いますが、平行して、過去問演習をして、求められる知識の程度を把握するのが重要だと思います。

Yさん

<公務員>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練など
どんな状況になっても揺るがない盤石な基礎力が必要だと感じました。伊藤塾の基礎マスターや論文マスターで、条文・判例等の重要な基礎知識のみならず、趣旨から考える力が身に付いたと思います。また、過去問演習を通じて、短時間で解く訓練をすることも大切だと思います。

Bさん

<自営業>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験全国公開短答模試など
短答式は論文より出題される知識の範囲が広いですが、それでもなお、基礎マスターレベルで対応出来ます。基礎マスターレベルを理解していればそれだけで短答式の法律科目だけで充分合格水準まで得点することが出来ます。ちなみに一般教養は勉強しないほうがいいと思います。どうせ論文では使えない知識だし、合格最低限の得点だけあれば短答は充分だからです。それ以上の得点を取るなら、法律科目は8割以上の得点を取る勉強をすべきです。その方が論文でも他の受験生と差をつけられるからです。

Eさん

<大阪大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備答練パックなど
今はひとまず短答式試験に合格してホッとするとともに、一か月後の論文式試験に向けて再度気を引き締め直さなければ、という心境です。短答式試験合格という観点から言えば、やはり過去問を何度も解き直すことが一番だと思います。確かに試験本番では過去に出題されたことがない問題も多数出題されますが、そのような時こそ、過去問で学習した選択肢を含む問題等を確実に得点していくことが重要です。他にも、模試や答練は時間配分や休憩時間の使い方の練習・他の受験生と比較した自分の相対的な実力を確認する機会になるので、積極的に受講することをお勧めします。

Sさん

<同志社大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験答練パックなど
基本的な理解を問う問題が多いので、基礎知識が大切だと感じました。基礎知識定着のため、過去問を繰り返し解くことが、とても有効だったと思います。

Cさん

<東京大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!学習開始1年で合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験答練パックなど
予備試験短答答練及び予備試験 全国公開短答模試は、直前期の調整として最適であり、また問題の質が高いため知識の穴を埋めるのに役立ちました。短答式試験では目標としていた200点を越え、上位通過することができたので、この勢いで上位合格を目指して頑張ります!

Gさん

<会社員>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 過去問対策つき 答練パックなど
フルタイムで会社員をしており、あまり勉強時間が取れなかった中で、何度も「2017年度は無理かな」と考える瞬間がありましたが、それでも伊藤塾の基礎マスター及び過去問とともに諦めずに地道にやってきて良かったです。他学部出身の私にとっては、やはり膨大な量の知識を基礎マスターを受講することで体系的に学べたのが合格に繋がったと思います。

Hさん

<自営業>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 答練パックなど
論文マスターは、わかりやすく、基礎マスターの復習をふんだんに盛り込んでいるおかげで、短答知識も飛躍的に身についたのではないかと思っています。予備試験論文直前答練を受講して、論文式試験に備えたいと思います。

Iさん

<首都大学東京都市教養学部4年在学中>
大学在学中合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験全国公開短答模試など
基礎マスターを受講してインプット、過去問を解いてアウトプットをし、その繰り返しで記憶を定着させ、問題文への対応力も高めていくことが大事だと思いました。

Jさん

<公務員>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生、予備試験 答練パックなど
学習開始が遅く、法律の学習もほとんどしたことがない中、基礎マスターで使用したテキストを何度も繰り返し過去問も何度も繰り返しました。何度も繰り返しすることで自分のものにすることが大切だと思いました。

Kさん

<塾講師>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生、予備試験 全国公開 短答模試など
伊藤塾の講義では特に論文の講座で習ったことが短答に活かされた点が多かった気がします。直接に問われた知識や論点の他、関連範囲や周辺知識まで詳細に網羅されていたことで知識の補充に加え、未知の問題に対しても基礎の理解での対処ができるようになった点が役立ちました。

Lさん

<慶應義塾大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 過去問対策つき 答練パックなど
短答式試験合格のためには、伊藤塾の基礎マスターテキストと過去問が役に立ちました。基礎マスターテキストだけを用いた学習でも短答式試験突破に必要な知識は十分身に着けることができました。過去問は各科目の重要な分野ごとに掲載されており、分野別に自分の弱点を補強する際にも役立ちました。

Mさん

<東京大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練 + 全国公開論文模試など
伊藤塾の講座は基礎マスターが非常に優れていると感じました。基礎マスターテキストは網羅性が高く、僕は本腰を入れて勉強を始めて半年は基礎マスターを六法を参照しつつ熟読し続けるだけの勉強をしていましたが、それだけで短答対策として十分だったと思います。おかげで短答直前期は予備試験の過去問を一周する以外特に短答対策せず合格できました。得点の仕方も一般教養頼みだったのではなく模試本番共に法律科目だけで合格ラインは超えられていたのでそれだけ基礎マスターテキストの充実度が高かったのだと感じます。

Nさん

<東京大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 答練パックなど
合格に必要な力は、細かな知識にも目を配ることだと思います。論文の勉強ばかりをやっていると論点ばかりに目を向けて細かい条文の知識が入りません。僕は5月に入ってから短答の勉強を始めましたが、過去問が全然解けなかったので、基礎マスターテキストを隅から隅まで読んで細かな知識も身につけました。

Oさん

<東京大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 答練パックなど
皆が知っていることを確実に押さえ、条文知識や判例を身につけること。求められる知識は膨大ですが、どれも合格のためには欠かせないものだと思います。そして、そのためには基礎マスターのテキストを読み込むことが一番だと感じました。

Pさん

<中央大学法学部(通信)4年在学中>
大学在学中合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 答練パックなど
基礎マスター、過去問を繰り返すことが大事だと思いました。基本を確実に押さえ、知識を定着させることが重要であると思いました。

B.Bさん

<教職員>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 短答答練など
仕事の後、疲れている中時間の確保が大変でしたが、法学部出身ではないので、苦労もしたが講師の指導のおかげでスムーズに学習できました。基礎マスターを受講し過去問や短答模試の問題を3周くらい繰り返し量をこなしていったことが合格に繋がったと思う。

Qさん

<公務員>
働きながら1年で合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング
平日も帰宅後の勉強のほかに通勤時間や昼休みを利用して4時間ほど時間を作っていました。受験指導校を選ぶ際には、実績などを第1に考え、受講料などはあまり気にしませんでした。

Xさん

<会社員>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開 短答模試など
このタイミングで学習を開始しないと機会を逸してしまうと思い、伊藤塾の入門講座の受講を開始しました。通勤時を主な学習時間にしていました。短答試験対策については基礎マスターの復習、過去問とマコタンなどの一問一答を通勤時間時に繰り返し活用しました。講義後のしっかりとした復習が大事だと思いました。

C.Cさん

<一橋大学法学部3年在学中>
大学在学中合格!学習開始1年で合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 短答答練など
基礎マスターを聴いて、学んだ箇所を問題集で解いていました。分からないところは、いつも講師に聞けばすぐに教えてくれるので、学習がスムーズにいきました。短答試験を突破するためには問題の数をこなさなければならないと感じました。基礎マスターのときからゼミなどを通して、論文の書き方を学んでいたので、先を見据えた学習が出来て、とても良かったです。

Zさん

<公務員>
働きながら1年で合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニングなど
働きながらの学習のため、まとまった時間が取りにくく、不安もありましたが、手を広げず基礎マスターテキストを信じて良かったと実感しています。社会人は時間を確保しにくいですが、細切れの時間を大切にして、無駄な時間を作らないよう常に意識していました。

D.Dさん

<大阪市立大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニングなど
過去問を解いては基礎マスターを復習するというサイクルで学習しました。大学の試験期間以外は週3~4回のアルバイトを続けていましたが、学習のリフレッシュにもなり、両立できました。大学の空きコマは思い切って休む、などメリハリをつけていました。

E.Eさん

<会社員>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生など
通勤時間や会社の休憩時間を最大限活用していました。短答式試験の合格には、正答率60%以上の問題を正解すればよいと伊藤塾で習ったので、細かい知識の習得や新しい教材に手を広げず、Aランクの知識だけに絞って学習していました。このAランクの選別は、素人がやるのは無理なので、伊藤塾のような受験指導校を利用することをおすすめします。

Rさん

<会社員>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生、コンプリート論文答練など
4月が仕事でもっとも忙しい時期でしたが、過去問を中心に淡々と手を広げずに勉強すると受かるといわれる通りに勉強したら、無事合格しました。

Vさん

<他の法律資格業>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開 短答模試など
昼はフルタイムで働いているため、朝早く起きたり、就寝時間を遅くしたりして時間を作っていました。合格には、一通り、基礎マスターを学習して、過去問を解くことにより合格することができました。他に基本書など手を広げなかったのも良かったと思います。

D.Tさん

<会社員>
働きながら合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験答練パックなど
短時間に如何に効率よく回答にたどり着けるかとの勝負だと感じます。私は短答式試験の勉強としては伊藤塾の答練、模試を軸に勉強を組み立てましたが、知識はもちろんの事、実践力・集中力を最大限高めることができたことが、何より良かったと思います。

C.Yさん

<九州大学経済学部2年在学中>
大学在学中合格!
学習開始1年で合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験短答模試など
伊藤塾の講義とその予習復習によって知識と法的な思考法を身につけ、直前期の問題演習でアウトプットの練習を繰り返すことで合格しました。体系マスターで科目の大枠を捉えてから、基礎マスターで詳細な知識を身につけるという学習システムは大変有効だと思います。学習が遅れた時期もありましたが、インターネット講義における2倍速受講で遅れを取り戻すことができました。最後まで諦めないことが大事だと思います。

D.Uさん

<青山学院大学法学部4年在学中>
大学在学中合格!

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練など
短答式試験の合格にあたっては、入門講義テキストを参照しつつ、過去問を解くいう方法を採っていました。基礎マスターで盤石の基礎を構築したからこその合格であると考えています。

合格者が学んだ講座はコレ!

司法試験入門講座