司法試験 合格者の声
速報! 2018年(平成30年)司法試験 合格発表をうけて


合格者の声 続々到着中!

 

2018年司法試験合格者


1,525名中 1,088名(71.34%)が伊藤塾有料講座受講生

※内訳:入門講座 667名   講座・答練 368名   模試 53名 (2018/9/19 11:00 現在)


 2018年司法試験合格 予備試験ルート合格者


336名中274名 5人4人(81.55%)が伊藤塾有料講座受講生※

※ 内訳:入門講座 176名 講座・答練 81名 模試 17名(2018/9/19 11:00 現在)

大学在学中合格者 90.18%
112名中101名
(内訳:入門76名 講座・答練14名 模試11名) 

働きながらの合格者 85.19%
54名中46名(内訳 入門15名 講座・答練30名 模試1名)
※2018年 司法試験合格者 会社員・公務員・教職員・法律事務所事務員・塾教師・自営業・その他(出願時現在)

合格者の声 続々到着中!

伊藤塾は「有料講座受講生のみ」を、合格者として紹介しています。

司法試験 合格者インタビュー動画の視聴は上記をクリック! 2018年度合格者も続々掲載!
司法試験 合格者インタビュー動画の視聴は上記をクリック! 2018年度合格者も続々掲載!

速報!2018年(平成30年)司法試験 合格者の声

私たちは全員、司法試験入門講座を受講して合格しました

2018/9/11(火) 20:00時点で司法試験合格の報告をいただいた方の一部をご紹介しています 。

栗原 連太郎さん

<予備試験合格時:高校3年生(最年少)>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
受験指導校を利用することは、何より、効率よく、正しいメソッドで学習を進められるのが利点です。また、スタッフの方のサポートを受け、ともに勉強する仲間と出会えることも、伊藤塾の大きな長所です。私はWeb受講だったため、月に1回のスケジューリングを電話で受けていました。スケジューリングでは、自分の勉強の方向性やペースが間違っていないかを確かめるとともに、精神的な部分などの相談や勉強方法の質問にも答えてくれるため、勉強の継続にとって欠かせない制度でした。また、伊藤塾ではマイページ上で質問を受け付け、比較的早く回答をしてくれるため、学習上の疑問点の解消に役立ちました。

K.Mさん

<自営業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
受験指導校を利用することで最短距離で合格を目指すことが出来ます。社会人は得てして時間がないものです。独学の勉強で受験をすることは貴重な時間の多くを無駄かもしれない勉強に費やしてしまうかもしれません。素直に受験指導校を利用するのが得策です。

M.Sさん

<予備試験合格時:立教大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
学生生活と両立するために、普段の授業や友人との会話、サークル活動を息抜きとすることで、メリハリを付けて受験勉強に取り組むことができました。また、伊藤塾の講義を、インターネットで2倍速にして受講することで、時間を有効活用することができたと思っています。

Y.Kさん

<会社員>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
私は仕事をしながら勉強をしていましたが、その中で気をつけていたことはすきま時間を勉強にうまく使うことでした。例えば、仕事をしていると仕事前後で勉強時間を確保することが難しい期間が生じてきますが、そのようなときのために、スマートフォンにテキストや問題を写真で残しておき、移動中などのちょっとした時間でもスマートフォンを使って勉強できるようにし、なるべく1日の中のある程度の時間を勉強にあてるようにしていました。

W.Fさん

<予備試験合格時:同志社大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
今年は論文式試験の問題形式が大きく変わったり、細かいところからの出題があったりしたため、試験後はあまり手ごたえがありませんでした。それでも結果として合格できたのは、伊藤塾の基礎マスター、論文マスターでしっかりと基礎を固め、最低限のことを答案に示せたからではないかと思います。これがゴールではなく、これからようやくスタートだと思うので、これから一層努力を重ねて行きたいと思います。

M.Mさん

<会社員>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
司法試験は勉強すべき内容が多く、最短合格に向けて授業スケジュールがすべて組まれているものを利用するのが、最も効率的だと思います。「社会人受験生だから誰も知り合いがいない」のはある意味有利です。無駄に周囲の情報に振り回されることもありませんし、「私も●●やってないよ~」という人が周りにいてついつい引きずられて自分も怠惰になる、といった心配もありません。ただ淡々と、やるべきことをやるのみです。

M.Mさん

<予備試験合格時:早稲田大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
学部の定期試験で基礎マスターを使うなど、日頃の勉強で学部の勉強と資格勉強を区別することなくして来たことが功を奏したと思われます。確実に合格するという自信がついぞつかなかったので、勉強方法で改めるべきところは多くあったと思います。皆さんにお伝えしたいのは、確立した伊藤塾のカリキュラムに則ることは、知識を効率的に吸収するのみならず、みんなが通って来た道だと安心できることです。

Y.Cさん

<予備試験合格時:首都大東京都市教養学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
合格することが出来て、本当に嬉しいです。教材としては、伊藤塾のテキストしかやっておりませんが、合格することができました。塾長、本田先生、伊関先生のご指導に従って、重要なところを理解し、暗記することで、合格に必要な知識を得ることができたと思います。

Y.Nさん

<会社員>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 論文マスターなど
働きながらは時間の確保という意味では大変なところもありますが、仕事、勉強それぞれが気分転換になることもあり、しんどいことばかりではありません。ただ勉強の量では学生に勝てないので、伊藤塾のメニューを最大限利用しながら、いかに効率的に試験対策を行っていくかがポイントになると思います。そして司法試験は「知的格闘技」そのものなので、どれだけ空いた時間に真剣モードで論文を書くか(仮に数は少なくとも)が重要だと感じました(私は伊藤塾の過去問答練のみで対策)。

Y.Kさん

<予備試験合格時:大阪大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
本当に嬉しいです。司法試験の勉強は必要な勉強を取捨選択することがまず重要だと思いますが、それを伊藤塾に任せられたことが大きかったです。これまで支えてくれた家族、友人、そして、お世話になった先生方に本当に感謝しています。

C.Lさん

<会社員>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練司法試験 演習秋生など
私は予備試験経由で司法試験に合格しましたが、両試験共にインプットは基礎マスターのみ用い、基本書は用いておりません。そのため、両試験共に基礎マスターテキストで合格の為の知識は得ることができると思います。論文作成の基礎は、論文マスターテキストの旧司過去問を繰り返し解くことで身に付けることができました。更に、伊藤塾の答練は受講生のレベルが高くモチベーション維持につながりました。結論として、伊藤塾を信頼して勉強を進めたことが両試験の合格につながったと思っております。

Y.Nさん

<予備試験合格時:大阪大学4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
本屋に行けばたくさんの参考書がありますが、受験指導校ではそれが必要十分にまとめられています。そのため、結果的には時間的にも、費用的にも受験指導校を利用する方がメリットが大きいと思います。また、学部成績についても伊藤塾のテキストを用いれば良い成績がとれます。

H.Nさん

<予備試験合格時:一橋大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
私は伊藤塾の講座のみで、予備試験、司法試験を突破しました。先生方のおっしゃることを素直に実行してきて良かったと思います。また、ライブ授業に出ることで友達ができ、切磋琢磨し合えたのもよかったです。

田村 允さん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法学部2年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
早い段階から勉強して良かったことは、早い段階で合格が現実的なものになることで、より幅広い視野を持って、大学での活動や留学のための勉強に力を入れることができるようになりました。学部の勉強でも法律科目だけにとらわれず、自由な学びを得ることができたように感じています。

B.Eさん

<予備試験合格時:一橋大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
伊藤塾に入塾してからの目標であった在学中合格を達成することができて、ひとまず安心しています。司法試験は難易度も高く、また長丁場の試験ですので、とても大変でした。しかし、常に受かるために必要なこと意識して勉強することで、合格を得ることができました。とにかく、過去問に早い段階から触れて、演習を繰り返していくことが大事だと思います。

A.Pさん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
伊藤塾の勉強は司法試験のためのものですが、大部分は学部の勉強とも重なります。1回生から合格を目指し勉強を始めれば、学部の試験に余裕を持って臨むことができるので効率的に学習できます。また3回生になると就活か法曹1本かという決断を迫られるせいで学習に専念できない人もいると思います。1回生2回生のうちなら余計なことを考えず勉強を進められるので、そのようないい環境にいるうちに勉強を始めてしまうのが良いと思います。

S.Kさん

<予備試験合格時:一橋大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
司法試験に合格して、安心したとともに法曹への道がひらかれて嬉しいと感じています。予備試験、司法試験は長丁場で途中で勉強に飽きを感じることもあるかもしれませんが、そういう時はちょっと休憩する一方で、応援してくれている両親、先生、スタッフの方がいるということを忘れずにまた、切磋琢磨しあえる友人に良い影響を受けつつたゆまぬ努力をして言ってほしいなと思います。

R.Yさん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
分かったつもりでも実は分かっていなかったという経験があり、答練などで間違えたときに初めて分かっていなかったことに気づくことが多々ありました。そうなったときでも決してめげずに、伊藤塾から今まで与えられてきた教材を使って繰り返し繰り返し学習をすることで、より正確な基礎知識をつけることができ、スランプから少しずつ脱出できるのだと思います。

B.Xさん

<予備試験合格時:東京大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスターはその名前に反してとても高度な法知識がたくさん掲載されていますが、初めの1週は全部理解しようとせず、肩の力を抜いて挑むと初めで躓くという事がなくなると思います。また、受験指導校を利用するのは、試験に特化した効率的な勉強ができるという点で大きなメリットがあるのは間違いありません。その勉強の中には当然各法分野の重要かつ基本事項が含まれているのでそれが学部成績に良い影響を与えるというのもまた必然ではないかと思います。

A.Eさん

<予備試験合格時:私立大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
やはり伊藤塾の方からも何度も繰り返して言われる通り、伊藤塾のテキスト以外に手を広げ過ぎるのはやめた方が良いと思います。これをやり始めてしまうと、いくら頭の良い人でもキリがないので、これだけは言われた通りにした方が良いと思います。使うとしても、せいぜい判例百選や司法試験の選択科目の参考書くらいで十分だと思いました。それ以外の細かい部分も大体ネットで検索すれば出てくるので、気になった部分だけ調べれば大丈夫だと思います。

C.Oさん

<予備試験合格時:東京大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスターのテキストは短答や論文に必要な知識がほぼ必要十分に含まれており、何度も復習しました。また論文マスターや答練によって試験に直結するような論文の書き方を身につけることができたと思います。伊藤塾のテキストや講座は予備試験、本試験の双方において非常に役に立ちました。

D.Mさん

<中央大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
私は大学2年生の終わりごろから、伊藤塾にお世話になりました。呉先生のクラスを受講しました。呉先生のクラスを選んだ理由は、呉先生が執筆なされた刑法の参考書が自分に合っていたのと、レジュメではなく、シケタイや呉先生が執筆なされた本を使って講義がなされるということです。呉先生のクラスでは以上の本の重要な箇所にマークがなされらため、基本書とレジュメの両方のメリットを享受することができます。呉先生のおかげで1発合格できたと言っても過言ではありません。

M.Aさん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
今年の司法試験は今までと問題の傾向が大きく変わっており、私は試験当日衝撃を受けました。しかし、今まで伊藤塾の教材を使って学んだことや、答練で添削を受けたことなどを思い出しました。きっとほかの受験生も自分同様あるいはそれ以上に戸惑っているはずであると前向きに考え、基礎マスターで学んだ基本に立ち返ろうと思いました。自分の合格が分かり今はとにかくほっとしています。来年以降どのような問題が出題されるかは全く分かりませんが、とにかく基本を大切にし伊藤塾の教材をやりこむとよいです。

L.Lさん

<予備試験合格時:私立大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
受験指導校を利用するのは、試験に受かるという意味では非常に良いと思います。すべての範囲を網羅的に勉強し、理解するというのは不可能です。その中で、どの部分に重点を置いたらいいかが明確になることが一番のメリットだと思います。しっかり勉強していれば、大学の単位を落とす心配はかなり減ります。

C.Eさん

<予備試験合格時:国公立大学工学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
自分は理系学部で予備試験仲間もいないため、受験指導校を利用しないと完全に独学で勉強しなくてはならなかったです。しかし、受験指導校を利用することでゴールまで最短距離で引っ張ってくれるので結果的に早く合格できると思います。

C.Iさん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
伊藤塾を利用することで、予備試験合格に必要な知識を無駄なく吸収し、効率の良い勉強方法を学ぶことができました。独学で勉強していては、大学在学中に予備試験に合格することは到底できなかったと思っています。また、伊藤塾で、法律科目の十分な予習ができていたことから、大学の学部成績も上位をキープすることができました。大学の講義の理解もスムーズに進みました。もし伊藤塾を利用していなかったら、学部の講義の理解をするためだけに、膨大な時間を費やしていたと思います。

B.Pさん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
私は大学2年の時から勉強を始めました。授業やサークルと両立するのは大変でしたが、何とかカリキュラムにおくれないよう着いていきました。そのおかげで予備試験前に必要な知識がまとまった自分の教材を手️にしていることができ、あとはそれを繰り返すだけでよい状況を作れました。これが回り道せずに合格に必要なちからを付けることにつながったと思います。一回目で理解することができなくても、授業を聞いてテキストにメモを残すことに大きな意味があると思います。

X.Xさん

<予備試験合格時:国公立大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
論文マスターテキストと論文マスター答練・コンプリート論文答練の復習をしっかりとやって、そこででてきた論証が再度出てきた際にはきっちり書けるように論証の暗記を心がけました。また、各問題について問われた知識とその周辺知識について基礎マスターテキストに戻り基礎知識の確保も心がけました。

宮崎 智行さん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
東京大学の期末試験は比較的量が多いのですが、伊藤塾で学んだ内容だけで十分な成績をとることができるため、期末試験に追われることなく予備試験・司法試験に向けての学習に取り組むことができました。基礎マスター受講の時期には、テキストのすべてを理解しようとせず、最低限の体系的な理解を意識することに徹し、とにかくすべて受講し終えることを意識してください。ここを乗り切っただけでもぐっと合格に近づきます。

M.Kさん

<予備試験合格時:私立大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
とにかくホッとしました。私が、予備試験・司法試験に合格できたのは、伊藤塾で確かな基礎を築けたからです。基礎マスターで合格に必要な知識が得られたことはもちろん、論文マスターで論文の書き方の作法を学べたことが非常に有用だったと考えています。伊藤塾の先生がおっしゃることを素直に実践したことが勝因だと分析しています。

D.Dさん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
私は大学二年生のときから勉強を始めましたが、早い時期から勉強を始めておくと、まず当然ながら在学中に予備試験に合格し、卒業後に司法試験に合格するのが相当程度容易になります。伊藤塾のカリキュラムを見てもそれは明らかです。また、大学の講義を理解しやすくなりますし、答案の書き方を知っていると試験でも有利なので、これも早期に勉強を始めるメリットになると思います。

N.Nさん

<予備試験合格時:早稲田大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
インターネットで調べ、一番大きな塾だと感じたので入塾しました。大きな塾を選んで失敗することはないだろうという安易な考えではあったかもしれませんが、本当に入ってよかったと思っています。受験指導校は絶対に利用したほうがいいかと思いました。合格への近道がいち早くわかると思います。大学の授業とも一部関係しているので、好成績をとりやすくなるかと思います。また、そうでなくても、ほとんど勉強せずに並の成績をとることも容易になります。

Rさん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
司法試験に合格するためには伊藤塾の基礎マスター、論文マスターだけで必要充分であると考えます。基礎マスターには司法試験に頻出の論点がくまなく載っています。試験の現場で問題を解きやすくするためにあらかじめ学説指定もされていますので、大量の学術本を買い込んで自分で読み進める必要もありません。また、基礎マスターで習得した知識を論文マスターでアウトプットすることにより知識を確かなものにすることができます。基礎マスターと論文マスターの相乗効果により合格に必要な力を身に付けることができます。

N.Tさん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
とにかく基礎マスターを集中してすべて聞くことが重要です。そして、今になって考えると、基礎マスターを聞き終えたらすぐに基本書なり判例集なりを読んでみることが大事ではないかと思います。

首藤 邦彦さん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
私が司法試験に短期合格することができたのは、伊藤塾の教材を信じてそれを徹底的に繰り返したからだと思います。特に、論文マスターは解答例を暗記するほどやり込みました。論文マスターで身につけた知識は、司法試験に立ち向かうための最大の武器となりました。

荒井 徹さん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスター中心に基本書を読み込み、過去問を解くことに尽きると思います。短答は同じ問題が繰り返し出るので、過去問を徹底的にやりこめば合格ラインに十分到達できると思います。

M.Tさん

<慶應義塾大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 論文マスターなど
伊藤塾の基礎マスター、論文マスターは司法試験に必要な知識の8~9割を網羅しており、これを繰り返すことが合格への近道だと感じました。今年の本試験は傾向変化もありましたが、基本的事項を定着させるという塾の指導の下でこそ変化に対応できたのではないかと思います。また伊藤塾の答練は司法試験特有のひねりや応用部分を踏まえた問題が出題されており、本試験の予行演習に大変有用なものでした。

Tさん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
合格して一安心というところです。今回の、予備試験を含めた一連の試験を経験して言えることは、基礎を固めてそれを確実にアウトプットできるようにするということが、「正しい」勉強の方針だということです。これからの試験に向かって勉強している皆さんには、このことを常に意識して欲しいと思いました。

K.Wさん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
大学3年の5月下旬に入塾しましたが、伊藤塾の基礎マスター及び論文マスター講義を徹底的に詰めたことが、学習一年で予備試験合格、その後の司法試験合格につながりました。自身がいつ勉強を開始したかにかかわらず、本気で取り組めば確実に合格することができる試験だと思います。

F.Fさん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
司法試験に合格した今の感想は、ただただ安心したの一言に尽きます。伊藤塾の教材だけを信じて頑張ってきたことが報われたことは嬉しいですが、その喜びはもう少し経ってから実感してくるような気がします。後輩の皆さんには、伊藤塾の教材を信じて完璧にすることを徹底して欲しいと思います

A.Nさん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
学部の授業が始まる前に伊藤塾で基礎マスターを受講したおかげで、大学の成績は実定法科目はほとんどが優以上でした。もちろん学部の授業は非常に難解な問題を扱ったり、最新の問題を扱ったりするのですが、その場合もやはり基本的なことから考える力というのがとても重要になってくるので、そこをはじめのうちに盤石にできたことは大きかったと思います。

E.Eさん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
予備試験および司法試験のいずれも、基本書は一切使用せず、過去問と伊藤塾のテキストのみを使用しました。有用な基本書や演習書も多く出版されており、それらを使用すれば実力がつくことも否定できませんが、あれこれと手を伸ばす時間があれば基礎マスターや問題研究をやりこむことが合格への近道だと思います。司法試験も問題のレベルは高いですが合格に要求されるレベルはあまり高くないと思うので問題の難易度に左右されず、伊藤塾のテキストで基本事項を身につけることが大切だと思います。

M.Yさん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
合格して本当にホッとしています。とにかく基礎マスターを何度も何度も読み込んだことが合格の鍵だったと思います。答案の書き方については論文マスターを何度もやったことが良かったと思います。私は、大学1年時は本格的な勉強はせず学生生活を楽しみ、2年からは勉強に本腰を入れることで、自分なりに学生生活の楽しみと勉強両方を取れたつもりです。

K.Sさん

<予備試験合格時:一橋大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生、司法試験論文過去問答練など
司法試験というと難しい問題ばかり出題されるというイメージかもしれませんが、実際には、どの基本書にも書いてあるような基本事項を、素早く書ききることが一番重要です。独学では、膨大な範囲から試験に必要な知識を取捨選択することは難しいので、知識をランク付けしてくれる基礎マスター、司法試験の傾向を踏まえた問題演習を積める論文マスターがなければ、合格はなかったと思います。

S.Aさん

<予備試験合格時:東京大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスターはあまり真面目に受けすぎないことが大事だと思います。聞いたことがあるフレーズだなと思えれば十分かと。論文マスターは、とにかく何周もすることが大事だと思います。

Lさん

<予備試験合格時:国公立大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスターを受講することで、大学の講義だけではわからない、各法律の全体像、特に覚えるべき事項の理解などを深めることができました。論文マスターでは基礎マスター等で理解した論点などを、どのように実際の事例問題を解くのにあたり使っていくのか、司法試験合格のための答案をどのように作成するべきであるのかを知ることができました。これはとても有益なことだったと思います。

A.Jさん

<予備試験合格時:私立大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
独学や他の受験指導校ではなく伊藤塾を選択した理由は、やはり合格実績が一番であることが挙げられます。伊藤塾は多くの合格実績を有し、優秀な指導者の下で学習することができるので、安心して伊藤塾の学習をすることが出来ました。私の周りには伊藤塾から予備試験・司法試験に合格した人がたくさんいたので、「伊藤塾の学習を続けていれば絶対に合格できる」という安心感の下学習できました。

A.Tさん

<予備試験合格時:国公立大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
伊藤塾で言われたことを勉強し、諦めずに勉強を淡々として、本番では緊張しすぎずに解答を書けばきちんと合格できます。まわりの大学生が情報通だと色々な情報が入ってきて不安になることもありますが、受験のプロではない大学生とプロの受験指導校講師の話のどちらを信じるのか、個人の自由ではありますが、最短で受かりたいならとりあえず自分が信じた先生のことは信じ通すべきです。

Qさん

<予備試験合格時:国公立大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
いま合格できて大変ホッとしています。伊藤塾の学習は司法試験合格のために必要十分なものであると身をもって体験できました。後輩の受験生にも諦めず、自分の弱点を1つ1つ潰しながら頑張って欲しいです。

I.Bさん

<予備試験合格時:早稲田大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験全国短答模試、司法試験 演習秋生など
私は、大学に進学する際、法学部ではなく、社会科学部に進学したため、予備校での学習が必須でした。伊藤塾を選んだ理由としては、先輩から、伊藤塾での勉強を勧められたことが大きかったです。伊藤塾の合格実績や世間での評判を友人やインターネット等で調べ、実際に渋谷校でお話を聴いて、自分の司法試験合格のためには伊藤塾が必要だと感じ、利用を決めました。

高橋 駿さん

<予備試験合格時:早稲田大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
いろいろなテキストに雑多に手を伸ばしたり、細かいところに拘泥しすぎて勉強が止まってしまう人がいます。法律学としての楽しさを追及すること自体は悪いことだとは思いませんが、そのような探求や検討はとりあえず合格してからでもよいのではないかと思います。法科大学院にいると想像以上にそういう方がたくさんいることに驚きます。基礎マスター論文マスターで必要十分であることは、伊藤塾出身の合格者の存在が裏付けています。信じてやり切れば問題はありません。

K.Fさん

<東京大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスターテキストを読み込んで勉強を重ねました。基礎マスターテキストには論文に必要な知識はもちろん、短答対策に必要な知識が詰まっていて、これで必要十分だと感じました。司法試験後に、他塾の教材を目にする機会があったのですが、伊藤塾のテキストの方が圧倒的に内容が充実しており、伊藤塾を選んでよかったなと感じております。

F.Eさん

<予備試験合格時:私立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、論文マスターゼミ、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
合格発表に安心しました!!これまで頑張ってこれたのは家族が支えてくれたおかげなので感謝の気持ちがこみ上げてきました。これから少しずつ恩返しをしていくのが楽しみです。ぜひ周りの方々への感謝の気持ちを大切に勉強頑張って下さい。諦めずに最後まで走り抜けること、そしてそのために周りの方々の応援が合格には不可欠です。頑張って下さい!

E.Qさん

<国公立大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
呉先生の基礎マスターや答練等、予備試験、司法試験合格までの全ての学習を伊藤塾を利用して行いました。教材も先生の指導もとても充実した内容で効率よく学習を進めることができました。

T.Yさん

<予備試験合格時:東京大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
予備試験合格後から司法試験直前期にかけて司法試験論文マスター講座を利用し、過去問答案の添削等を依頼しました。また旧司法試験過去問も確認のため目を通しました。あまり新しい知識はインプットせず、事案の処理を早く正確にできるよう、過去問を2回まわしました。

L.Eさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、憲民刑集中講義など
基礎マスターでだいたいの情報を取得できます。論文マスターを受講する中で知識の運用を学ぶことが大事だと思います。答練を受けることでよりトレーニングを積んだり、時間感覚を養うこともできます。直前には模試を受けて、試験の時間割り通りの日程でシミュレーションしておけば、本番でも安心です。

Y.Hさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開短答模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスターを聞き終えた時点ではその内容をすべて理解することができているとは思っていませんでした。しかし、だからと言って論文マスターに進まないという選択肢はおススメできないと思います。論文マスターでも自分の分からないと思うところは多く出てきますが、そういう場合は再度基礎マスターの該当箇所に戻り基礎を確認し、少しずつ自分の血肉としていくことが重要であると思います。論文マスターをやりながらも、基礎マスターとの往復を繰り返しながら進めていくことが効果的であると感じました。また、論文マスターでは答案の形を身につけることが大切であると思います。初めは難しいかもしれませんが、少し慣れてきた段階では自分で答案を書く作業が必須であると思います。

坂井 研太さん

<予備試験合格時:京都大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開短答模試、司法試験 演習秋生など
やはり合格した瞬間は、司法試験の勉強はもちろん、法学部に進むことを決めた頃からの、あらゆる苦労が報われたという思いを強く感じました。また、次のステップに進んで行くのだな、という感慨もありました。そして、自分が恵まれた環境で勉強をしてこられたことへの感謝の念も抱きました。司法試験も勝負の一つで、勝つことにこそ価値があるのだ、というスタンスで結果にこだわるのが良いと思います。

J.Lさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生、予備試験 全国公開短答模試、司法試験 演習秋生など
予備合格後から司法試験まで、勉強するモチベーションが消失し、苦労しました。伊藤塾の司法試験過去問テキストは結構利用しました。

K.Nさん

<予備試験合格時:中央大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 短答答練、予備試験 全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスターテキストは、一見分量が多いように思えますが、講師の先生方がランク付けをしてくださるので、基本的にはBランクまでを正確に記憶すれば大丈夫だと思います。ただし、例外として、短答論文口述の過去問に出てきた知識については、どのようなランクであっても押さえる必要があります。最初の2年くらいは正直しんどいと思いますが、ある一定のレベル(予備試験でいえば、短答合格、論文600位以内くらい)さえ越えれば、案外すんなり合格できます。これから受験される方々も、諦めずに基本的な部分をしっかり完成させていけば絶対大丈夫です。応援しています。

西尾 卓也さん

<予備試験合格時:中央大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
伊藤塾のペースメーカー論文答練を受講しました。何回かは渋谷校で実際に書き、残りはもらって自分で答案構成しました。いくつかは細かすぎる問題もありましたが、多くは今年の予想問題として勉強になりました。

H.Mさん

<予備試験合格時:東京大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生、司法試験 論文過去問答練など
とにかく過去問分析。目指す試験のレベルを正確に把握しなければ、漫然と勉強していても無駄になると感じます。仲間と自主ゼミを通じて、出題趣旨や採点実感を踏まえ、合格レベルがどこらへんなのか、また出題者の意識と受験生のレベルの差を検討しました。

K.Eさん

<予備試験合格時:一橋大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開短答模試、司法試験 演習秋生など
なるべく早く全範囲の学習をおえることだと思います。法律学の学習は何度も何度も繰り返し学習することによって、個々の論点の理解が進化する面がありますし、膨大な量があるため何度も復習ををすることが大事だからです。また最終的な到達目標を知るためにも、論文の勉強には早めに取り組んだほうがよいと思います。法律知識が盤石でない学習初期の段階では答案構成だけでかまいませんが、初学者の段階を抜けたあとはなるべく答案を書く機会をたくさん持ったほうがよいと思います。ロースクール入試や司法試験は論文答案を書く試験ですから。

Y.Zさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
基礎マスターが大変有用でした。司法試験では単純に論点を暗記するだけでは対応できないと思います。基礎知識を理解しそれを応用できて初めて合格点に到達できると思うので、その基礎知識をマスターするのに基礎マスターはとても有効でした。是非参考にしてください。

K.Mさん

<予備試験合格時:私立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
司法試験の過去問を毎日1問ずつ検討しつつ、ひたすら基礎マスターの読み込み、問題研究の復習、あとは判例百選で判例知識を補完しました。またこれと並行して論証を洗練させていました。司法試験は予備試験に比べ、試験時間が短く、論証を短く書けるようにしておくことが重要です。あとはアウトプットの練習としてペースメーカー論文答練を受講していました。司法試験では現場思考の問題が必ず出されるので、答練を用いて時間内で現場思考の練習をしていました。

A.Gさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 短答答練、司法試験 演習秋生など
一通り基礎マスターを聞き終わって答案を書き始める段階になったら、情報の一元化を始めるとよいと思います。勉強が進む中で修正点なども出てはきますが、早い段階から教材に自分の言葉で書き加えて一元化することで、自分が今学んでいる知識の体系的な位置づけがわかりやすくなり、記憶に定着しやすくなりました。

T.Aさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
司法試験は、一見難しそうに思えますが、基礎的な知識を、確実に身に着けて入れば、十分対応可能でした。私の知識量としては、ほとんど基礎マスタ―のそれを超えてはいません。重要なのは、知識の量ではなく、いかに、法的知識を要点押さえて身に着けているかだと思います。その点において、伊藤塾の基礎マスターは、すごく役に立ちました。

松本 尊義さん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
本日、念願の司法試験に合格いたしました!今の気持ちは言葉で言い表せないほど、嬉しいです。今日は人生最高の日です!伊藤塾の講座は合格に本当に本当に役立ちました。伊藤塾の講座を繰り返し繰り返し反復すれば、容易に合格レベルに達すると思います。後輩のみなさんも伊藤塾を信じて一生懸命勉強すれば絶対に司法試験に合格できます。みなさん、頑張って下さい!

N.Aさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
まずは、受かってホッとしています。発表一週間前になると、合否が気がかりで何もする気が起きず、睡眠のリズムも狂ってしまうほどでした。後輩には、とにかく本番は問題に食らいつくこと、主観的な出来具合はアテにしないこと、結果が出るまではあきらめない、投げやりにならないことを伝えたいと思います。

J.Nさん

<予備試験合格時:東京大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生、司法試験 論文過去問答練など
基礎マスターレベルの知識の精度が合否を分けると感じました。基礎マスターレベルと言っても膨大な量がありますが、合格に必要十分な知識が詰まっていると思います。手を広げ過ぎることなく基礎マスターのテキストを反復し、答練等でアウトプットの訓練をすることが、最も効率よく合格に近づく方法だと確信しています。

J.Hさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生、司法試験 論文過去問答練など
このたび、司法試験に合格でき、心よりほっとしています。周りの合格者を見ても、受験中、いつも勉強をしていた受験生はみんな合格しているという印象です。私自身がそうであったように、自分に甘い人は、答練等を活用して、強制的に勉強しなければならない環境に身を置くのが良いと思います!

D.Oさん

<予備試験合格時:東京大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
基礎マスターテキストの読み込みと問題研究を繰り返したおかげで、基礎を固め、司法試験の問題に太刀打ちする力をつけることができたと思います。伊藤塾で学んで良かったです!ありがとうございました!

J.Oさん

<予備試験合格時:一橋大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
基礎マスターは、短答・論文通して試験合格に必要な情報がしっかりと取捨選択されて掲載されており、さらに講義でメリハリつけたポイントの指摘がされるため、試験前に最終的に信頼の置ける情報ストックとして大変有用です。ほかの教材に目をとおしたとしても、基礎マスターに戻ってメリハリの確認をすることで、不安にならずに試験対策をすることができました。

A.Sさん

<予備試験合格時:名古屋大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開短答模試、司法試験 演習秋生など
司法試験の勉強を始めて4年間で合格できました!当日は傾向が前年と異なり、涙を見る科目もありましたが、結果を振り返るに、それまでの傾向と対策を抑えられていれば、対応できたということだと思います。そばにいてくれた家族や恋人や友人に感謝の気持ちでいっぱいです。一緒にいて頑張れる人を大切にして、志高く励んでください!

中津川 望さん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
私は自身の能力から講義を一度聞いただけでは完全に理解することが難しいと判断したため、生の講義を聞いた後、復習の際にインターネットで繰り返し講義を聴き直すという学習方法を採用しておりました。何度も聴くうちに、どうしても理解できない部分があぶり出されていくため、これをアドバイザーや講師の方に質問していくことで効率的な学習をすることができました。いつでも質問に乗っていただける環境があったのはありがたかったです。

H.Kさん

<予備試験合格時:早稲田大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスターを受講していた際に作成した論証パターンや、論文マスターのテキストは、法科大学院進学後、直前期まで重宝して使用していました。勉強が進めば進むほど、基礎知識の大切さが身にしみてわかります。

K.Aさん

<私立大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
来年の合格に向け、出題趣旨や採点実感、上位答案を熟読しながら、深い理解を目指して勉強をし始めていた矢先の合格発表でした。掘り下げた勉強をとても面白く感じていたので、合格してしまって少し残念な気もしています。逆にいえば、基礎マスターをしっかりやれば、十分に合格レベルには到達できるということでもあると思います。伊藤塾の基礎マスターを信じて、安心して邁進してください。

O.Bさん

<予備試験合格時:東京大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
伊藤塾長が大学で講演したことがきっかけで大学時代から合格を目指して司法試験の勉強を始めました。社会人になると仕事の合間を縫って勉強をしなければなりません。時間のある学生時代に司法試験の勉強をしたからこそ、予備試験受験の頃は、不合格になるたびに敗因を分析し、次の年にいつも生かしてたからこそ、司法試験には1回で合格できました!!!そしてなによりも自分の合格を支えてくださった塾長、伊藤塾の講師陣やスタッフには心から感謝しています!!本当にありがとうございました!!

S.Tさん

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
合格出来てホッとしております。これまでは知的好奇心を圧し殺し試験に必要な基礎を繰り返していましたが、これからは色々なことを勉強して知的好奇心を満足させていきたいと思います。伊藤塾で学べて良かったです。ありがとうございました。

E.Bさん

<予備試験合格時:東京大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスターは受験に必要な知識がまとまっており、これを読めば、知識をマスターすることができました。勉強が進み、試験直前になっても、基礎マスターを読み返していました。また、答練の的中率はとても高く、受講してよかったです。

T.Sさん

<名古屋大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
大学に長くいるというのに日本の法律の理解がほとんどゼロという段階から予備試験の勉強を始めました。それでも、ほとんど伊藤塾のテキストと答練だけで、学習開始から3年で予備試験、司法試験に合格できました。今、成績が悪いとかは関係ありません。多くの教材に手を出さず、しかし本気で勉強することが合格に繋がると思います。

K.Sさん

<東京大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
基礎マスターが終わったもののまだ理解があやふやだから、というのを理由に論文マスターから逃げるのだけは絶対にやめてください。論文マスターを受けて、基礎マスターテキストで復習して、というのが学習の両輪です。基礎マスターテキストだけを何度も何度も読んだところで浅い知識しか身につきません。論文マスターを受けて、基礎マスターの知識がどのように論文に使われているかを知ることで、はじめて使える形で知識が身につくものと考えます。

H.Jさん

<中央大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
完璧に一度で覚えようとして時間をかけ過ぎてしまうのは良くないと思います。分からなくても後で戻って確認すればいいという気持ちで、とにかく前に進んめていく、できるだけ多く繰り返すことが大切だと思います。

B.Uさん

<専門学校卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスターと過去問の復習が大事でした。基礎をしっかりやれば必ず合格できるのだと思います。今は合格して、本当に嬉しいです。家族、先生、スタッフの方々に本当に感謝です。

I.Tさん

<予備試験合格時:中央大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
とりあえずほっとしています。お世話になった方々に報告をしていくなかで、受かったという実感が出てきています。うれしい気持ちが大きいですが、あの答案で受かってしまうのかという気持ちや、修習、実務への不安も湧いてきました。受験生のみなさんへ。どんな問題がでても、条文・判例の基礎的な知識の理解・記憶をもとに、三段論法を守れば、割とちゃんとした答案の形になります。難しいことをやる前に、呉先生の指示に従っておきましょう。意外となんとかなります。

K.Oさん

<予備試験合格時:私立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
伊藤塾の講座はどれも司法試験に最短で合格するための知識やスキルを効率よく身に付けられるように工夫してあるので、自分の受講した講座の課題をこなしていくことが司法試験合格のためには最も効率の良い勉強方法だと思います。特に、司法試験の過去問を解く講座では、合格者の答案が掲載されていたので、合格水準を把握するのに適していましたし、問われている論点について判例・学説の立場がきちんと整理されていたテキストが配布されたので、試験前には非常に役に立ちました。

F.Aさん

<国公立大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生、司法試験論文過去問答練など
使い慣れた教材を繰り返し学習したことが合格につながったと思います。また、早めに過去問の学習を始め、分からなくてもとりあえず2時間をかけて書いてみる練習をしたことが、直前の自信につがなりました。

J.Wさん

<予備試験合格時:私立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
司法試験に合格するまでは長い道のりでしたが、掲示板に自分の番号を見つけたときは感無量でした。基礎を大切に、伊藤塾の答練や過去問の講座をうまく使ってぜひ合格してください!

M.Jさん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
はじめは、基礎マスターにおいて学んだ論点を覚えることが最優先だったため、覚えたとしても事例の中での使い方や論点抽出に苦労しました。しかし、論文マスターでは、本田先生や伊関先生が、基礎マスターを適宜参照してくだったさり、レジュメを用いて図解してくださったりと事例問題を解くための頭の使い方を教えてくださったおかげで、「覚える」知識から「使える」知識へとブラッシュアップできたと感じています。また、答案例が付いていたのが非常に助かりました。何周も回すことにより、自然と科目ごとの答案の型が身についたと感じています。

D.Kさん

<私立大学法科大学院修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
合格しての率直な感想としては、「まだまだわからないことだらけなのに、これでも合格できるのか」ということです。つまり、私にはまだまだ深くはわからないことがたくさんありますが、司法試験で主に問われているのは狭く深い知識ではないんだなということです。基本的な知識を基礎として、問題を正面から受け止めて、正面から答える。こういうことが求められているんだなと思います。

F.Oさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
周りの友達の何人かが入っていましたし、調べてみて大手だということで伊藤真先生の民法の体験授業を受けにいきました。伊藤真先生は本当に説明がうまく、民法ひいては法律の面白さを教えていただいた気がしたので、伊藤塾にお世話になろうと思いました。授業に実際に出席しなくても、インターネットで講義を好きなペースで受講できる点も魅力に感じました。

J.Iさん

<予備試験合格時:大阪大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
私は、基礎マスターテキストを幹に、演習書や学校の授業を利用して、知識をインプットし、伊藤塾の答練や過去問を利用してより良いアウトプット方法を勉強しました。基礎マスターテキストは項目立てやピックアップ論点がコンパクトにまとめられており、一元化のテキストとしては有用でした。また伊藤塾の答練は司法試験の問題傾向に寄せてあり、アウトプットの練習としては最適でした。

F.Vさん

<予備試験合格時:私立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
基礎マスター段階と言わず全ての段階で重要だと思うのは、完璧主義に陥らないことだと思います。とりあえず、理解できなくても一通り授業を聞いてみる。読めなかったら、授業を聞いて講師の先生と授業の中で読んでみる等、自分の理想の勉強や理解を追求せず、一応の目標達成でひとまず満足すると言った割り切りが必要だと思う。

R.Kさん

<予備試験合格時:一橋大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生、司法試験 演習秋生など
基礎マスターは本当にタメになる授業でした。常に学習の中心におき、基礎マスターを基本として学習することで、幅広い知識を体系立てて学習することができ、応用力も十分に身につけることができたと思います。

C.Cさん

<予備試験合格時:私立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
司法試験は大変な試験なので、受かると嬉しいです。伊藤塾の講義を受けたり、基礎マスターテキストを読み込んだり、答練を受けたり、論文マスターを繰り返したり、法科大学院で学んだり、法科大学院の試験を受けたり、演習に取り組んだり、頑張ってよかったと思えます。そしてやはり多くの人の支えがあってここまで来られたことを実感します。ありがとうございました。

J.Jさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
私は司法試験及び予備試験対策として伊藤塾しか利用していないため、司法試験初受験で司法試験に合格する事が出来たのは伊藤塾のカリュキュラムに沿って学習していたからに他なりません。とても独学でこの試験に合格する事は出来なかったと思います。本当にありがとうございました。

K.Hさん

<予備試験合格時:九州大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
合格発表を見るとき指が震えました。番号があってとても嬉しかったです。司法試験は、確立されたメソッドを使って、仲間と一緒に勉強することで、間違いなく突破できると思います。あきらめずに頑張ってください。

D.Tさん

<静岡県立大学中退>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 論文マスターなど
私自身過去に司法書士試験の講座を伊藤塾で受講し成果を出すことができていたことから、司法試験及び予備試験の学習を始める際には迷わず伊藤塾を選び、入門講座・答練・模試を受講しました。私は司法試験及び予備試験対策として伊藤塾しか利用していないため、司法試験初受験で司法試験に合格する事が出来たのは伊藤塾のカリュキュラムに沿って学習していたからに他なりません。とても独学でこの試験に合格する事は出来なかったと思います。本当にありがとうございました。

H.Mさん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
基礎マスターを何回も何回も読むことに尽きると思います。毎日粘り強く基礎マスターを繰り返し読むことにより、序盤では無意識に読み飛ばしていた部分も目につくようになり、結果として網羅的な知識を得ることができると思います。種々の基本書も読みましたが、結局試験直前に活用したのは基礎マスターでした。これほど端的にまとめてくれる教材はないと思います。

T.Yさん

<予備試験合格時:関西大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
論文マスターでは、予習を頑張りすぎないことが大事だと思います。いくら基礎マスターの復習をしたからといって、解けない問題があるのは当然です。予習でわからなければ、まずは講義を聴いてみて、復習に時間を使うべきです。そうすれば、「実は基礎マスターで習った知識だったんだな」とか、「現場思考的な問題だから、わからなくても大丈夫だったんだな」とか、勉強の方針を固めることができるはずです。

F.Pさん

<予備試験合格時:私立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
伊藤塾のプログラムを信じて、他に手を出さず、伊藤塾の基礎マスター、論文マスター、答練をしっかり学習すれば司法試験は必ずうかります。全員が苦戦する論文対策は、まず、しっかり論証パターンを暗記して、その上で問題研究を何周も読み物として読むことで、論証パターンの書き方とその当てはめ方を覚えることができます。あとは、アウトプットの練習として、答練を受講すればよいです。司法試験の合格答案を書くだけの力が確実に備わります。

T.Sさん

<国公立大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
伊藤塾の中核にして法律学習の王道ともいうべき基礎マスターは、司法試験合格までに必要な知識、論理、思考方法が備わったものです。法学既修者であれ未修者であれまずはここからスタートするのが安心だと思います。基礎マスターは定着度や学習状況(進捗)に応じて、使用方法が変わるので、講師とコミュニケーションをとりつつ利用し尽くすことが最短合格への第一歩だと思います。また、司法試験や予備試験での天王山たる論文式試験については、答練を活用すべきですが、伊藤塾の答練は他社のそれとは異なり、緻密な構成、汎用性ある論述例が備わっており、非常に実用的です。解説も充実しており、慣れてくればポイント欄を熟読するだけでも十分答案作成力が向上すると思います。奨学生制度も充実しており、模試や答練で金銭面の負担が少なかったこともお勧めできる大きなポイントです。

L.Dさん

<学習院大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
司法試験に合格して、いまはただただホッとしています。受験時代は、自分が受かるのかどうかなど不安がたくさんあるかと思いますが、伊藤塾の基礎マスター講義の内容だけで十分合格することができるので、自分を信じて頑張って欲しいと思います。

H.Mさん

<東京大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 答練パック、司法試験 演習秋生など
論文答練を受講することでで飛躍的に実力が向上しました。初見の問題を考えて実際に答案を書くことで理解が深まると共に答案作成のコツを体得することができました。どうもありがとうございました。

F.Qさん

<国公立大学法科大学院修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
司法試験受験直後は、8科目すべての答案の内容に自信が持てず、今年は不合格かもしれないと思いましたが、なんとか合格することができました。結果を見てみなければわかりませんが、司法試験に合格できたのは、基礎マスターや論文マスターでしっかりと基礎を固め、コンプリート論文答練で本番形式の問題演習に取り組んだ結果、外さない答案を作成できるほどの実力がついたからだと思います。したがって、伊藤塾の基礎講座及び答練は、司法試験に合格する上で非常に有用だと思います。

K.Fさん

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
まずは何より基礎が本当に大切だと感じました。特に勉強が進むにすれ、基礎がおざなりになることが分かっていても、ふとした瞬間に基礎中の基礎を忘れてしまうようなことがありました。そのたびに心から落ち込みましたが、基礎マスターにのっている知識は全ておぼえこむという決心の下、そのたびに基礎マスターに戻って勉強をし直しました。これはとても重要だと思います。

Y.Iさん

<予備試験合格時:国公立大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
基礎マスターは合格に必要な情報がまとめられているので、基礎マスターを繰り返すことで知識的には充分だと思います。ただし、一部の科目に関しては、本試験の論文問題には対応しきれないと思うので、適宜、基本書を活用するべきだと思います。\n答練や模試は、本試験の問題とはレベルが違うと思いますが、練習という点では有用だと思います。また、受験者の中で受けてる人が多いと思うので、受講することで安心感も得られると思います。

Bさん

<会社員>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
司法試験は、正しい方向に努力すれば誰もが合格できる試験です。伊藤塾の講義はどれもすばらしく、誠実に復習してゆくことで、非法学部卒で法科大学院にも通っていなかった私でも予備試験・司法試験に合格できました。

E.Wさん

<予備試験合格時:東京大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
私は入門時から合格までずっと伊藤塾の基礎マスターテキストを利用しました。基礎マスターテキストは網羅性、わかりやすさともに抜群で、これなくして私の合格はなかったと思います。講義に関しては、私は本田先生の講義に特に感銘を受けました。本田先生の講義は、基礎的事項の説明のわかりやすさもさることながら、論文においてどういう思考過程をたどれば答案や論証が書けるのかということをつかむことができるものでした。

U.Uさん

<予備試験合格時:東京大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
何回も試験があり、期間も長く、本当に大変でしたが、たくさんの人に支えられ、応援していただいて、合格することができました。本当にありがとうございました。これから受験する人は、最後まで諦めずに走りきってください!

O.Uさん

<京都大学法科大学院修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
司法試験を目指すうえで、基礎マスターを利用すれば、合格に必要な基礎を身につけることができます。基本書・演習書を利用する場合でも、基礎マスターをこなしているかどうかで、得られるものの量が大幅にかわると思います。私自身、受験者が必ず押さえてくる定義・論点を早い段階で理解したおかげで、その後の勉強をスムーズにすることができました。

M.Kさん

<予備試験合格時:慶應義塾大学3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
司法試験の勉強をしている最中は、司法試験に受かるためには膨大な勉強と知識が必要だと思いがちです。しかし、実際に試験を受けてみて実感したことは、本当に合格に必要な知識は限られています。伊藤塾で習っていない範囲はできなくても問題ない知識であると割り切って、勉強範囲を広げずに、テキストを繰り返すことが必要だと思います。

B.Zさん

<予備試験合格時:国公立大学法学部4年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
伊藤塾の基礎マスターで基礎固めができたおかげで、独学で行うよりもずっと効率的に学習ができたように感じています。限りある学生生活ですので、司法試験の学習を効率的に進め、課外活動等にも時間を割くことで得られるものは大きいと思います。ありがとうございました。

N.Iさん

<慶應義塾大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
私は大学卒業後、就職せずに専業受験生として、予備試験→司法試験と受けました。家族の理解・支え、呉先生をはじめとる講師の方々の分かりやすい授業や答練などがなければ合格はありえなかったと思います。専業受験生は、その身分が曖昧なため自己肯定感が低くなり肩身が狭かったり、さぼってしまう日があったりとデメリットもありますが、司法試験にコミットする度合いが強いため、強い覚悟があれば、合格という目的達成のためにはとても効率がいいように思います。ただ、参考書、答練、勉強方法、試験に関する情報収集は徹底するべきです。参考書・答練については、伊藤塾の呉先生の基礎マスターが、とてもおすすめです。

B.Aさん

<国公立大学卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
司法試験の対策として、司法試験の過去問の検討が最重要であると思います。伊藤塾の過去問講座を受講することで、十分な量の過去問を実際に書くことを経験し、検討することができました。なかなか自分一人でやろうとすると中途半端になりがちだと思うので、有用な講座だったと思います。また、予備試験の段階で答練を受講していました。答案を緊張感のなかで一通り仕上げることを経験できました。漫然と知識をインプットしている単調な勉強には限界があると思うので答練を受講し答案を時間内に書くようにすることをおすすめします。

K.Lさん

<一橋大学法科大学院修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
私は大学1年生の頃から伊藤塾に通いました。基礎マスターをはじめ、伊藤塾の講座は効率よく学習を進めるにあたって最適な教材だと思います。また、早期に勉強を始めた結果、司法試験の勉強のみならず、サークルやアルバイトなどとも両立することができました。

R.Sさん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
伊藤塾の入門講座を利用しなければ予備試験及び司法試験への合格は無かったと思います。これを読んだ方で伊藤塾かどうかを迷っている人は、迷うのをやめて伊藤塾で勉強を始めることが合格への一歩だと思います。

A.Iさん

<広島大学法科大学院(未修)修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、コンプリート論文答練、司法試験 演習秋生など
私の入学した大学は法学部であってもほんどが公務員か民間に就職していきます。司法試験を目指す環境としては恵まれていたとは言えませんでしたが、一緒に勉強する仲間と共に、この長丁場の試験を乗り切ることが出来ました。伊藤塾長の基礎マスター講義は「司法試験に必要な知識」量の8割程度を得ることが出来る講義です。受験時代は残り2割の部分について基本書などで調べていましたが、実際に答案に反映できる知識は基礎マスターでやった範囲のことでした。ですので、基礎マスターは、「合格するために必要な知識」はすべて詰まっていると思います。私のように情報量の少ない地方の大学で学習をする人にとっても、試験に必要な情報のエッセンスが詰まっていますので、安心して学習を開始してもらえると思います。

A.Nさん

<同志社大学法科大学院(既修)修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開短答模試など
呉講師の講義は、法科大学院合格はもちろん、司法試験合格のためにもとても良かったです。特に問題研究テキストは、論証等がよく工夫されていて、司法試験の論文対策にも活用しました。司法試験合格のためには、伊藤塾の各論点の論証例等を活用して、司法試験の論文過去問を検討することが大切だと思います。論文対策をしっかりやれば短答対策は過去問以外必要ないと思います。

C.Iさん

<早稲田大学法科大学院(未修)修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生コンプリート論文答練など
伊藤塾の論文ゼミのゼミ生とは今も連絡を取り合っており、知っている限り、そのゼミ生全員が司法試験に合格することができました。実は私が最後の合格者でした。法科大学院の未修の一年目は、大変だとは聞きますが、私は、伊藤塾で既に学んでいたためあり、未修1年目の講義も楽しむことができました。後進の方には、「言われたことをただやるのではなく、自分に何が足りない、自主的に考えて進むべきだと思います。

N.Mさん

<京都大学法科大学院(既修)修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 全国公開短答模試など
入門講義テキストや問題研究は司法試験の直前の最後まで使っていました。やはり基礎が一番大事だと思います。難しい問題はみんな解けないので、相対評価である司法試験では基礎がいかに固まっているかが大事です。特に問題研究を使用した論文マスターは解説が分かりやすく、厳選された問題で繰り返しやすい問題数だったのが良かったです。他にもLSの関係で基本書も使っていたのですが、難しすぎるものもあったため、入門講義テキストを参照して、難易度のメリハリをつけ理解することができました。基礎マスター・論文マスターを大事にしてあきらめずにやっていけば必ず受かります。

U.Yさん

<京都大学法科大学院(既修)修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
入門講義テキストは必要なことが簡潔にまとまっていて、ともてよかったです。講義をまとめたものを入門講義テキストに一元化させ、司法試験受験までそればかりやっていました。また、論文マスター講義では、論文の書き方を迷うことなくマスターすることができました。伊藤塾は裏切らないので、伊藤塾を信じてがんばってください。

N.Kさん

<京都大学法科大学院(既修)修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニングなど
大学2回生から勉強をスタートしました。ちょうど法律科目履修がスタートするのが2年生であったため、受講のタイミングもよかったと思います。憲法、民法、刑法以外は伊藤塾での受講が先に始まっていたので、大学での履修も問題なく、やりやすかったです。基礎マスターは3回以上は回して勉強しました。ランク付けされていたため、1回目はAランクを中心に、2回目はBランク中心にと受講することもでき、基本書よりもわかりやすく受講できました。伊藤塾を信じてしっかり勉強してがんばってください。

E.Vさん

<大阪大学法学部卒業>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
合格のために何より大事なのはアウトプット、つまり自分の手で答案を書くことです。合格に必要な知識は基礎マスターに網羅されているので、基礎マスターを一通り読んだ後は過去問と論文マスターを中心にひたすら問題演習を繰り返しました。司法試験及び予備試験は、知識の量でなく論文の書き方で大きな差がつく試験です。答練や模試をなるべく活用して、時間内に読みやすい文章を書くスキルを磨きましょう。

R.Kさん

<予備試験合格時:慶應義塾大学法学部3年在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
司法試験を合格する上で大切だったと気づいたのは、素直でいることでした。講師の方々の講義を素直に聴き勉強法・知識を吸収すること、遊びたいと思ったときはその気持ちに素直に従うこと、支えてくださる家族や友人に素直に感謝すること。これらを実践できたからこそ私でも合格できました。諦めなければあなたも必ず合格できます。いつでも応援してくれている誰かがいます。いつかあなたも、その方たちに良い報告ができることを祈っています。

E.Uさん

<予備試験合格時:京都大学法科大学院(既修)在学中>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、司法試験 演習秋生など
巷では、受験指導校教材だけではいけない、基本書を読まないといけない等とまことしやかに言われることもあり、予備試験には伊藤塾だけで合格できたとはいえ、今回本試験に合格するまでは正直伊藤塾だけでよいのか疑心暗鬼でした。ですが、今は自信を持って伊藤塾の基礎マスター・論文マスター・過去問講座(司法試験マスター等)の3点を集中的に何度も繰り返しやって基礎を押さえれば必ず一発合格できると言えます。大変お世話になりました。ありがとうございました。

E.Tさん

<中央大学法科大学院(既修)修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
基礎マスター通じて答案を意識した勉強ができ、それが結実した結果となりました。学習が進むにつれて、足元が危うくなることがありますが、基礎マスターテキストを見返すことで戻ってくることができました。基礎マスターへの一元化を心がければ、その他の教材を購入する必要がないことは間違いないです。伊藤塾を信じて学習を進めていきましょう。

Jさん

<法律事務所事務員>

受講講座:司法試験入門講座本科生+リーガルトレーニング、予備試験 論文直前答練+全国公開論文模試、司法試験 演習秋生など
伊藤塾の答練や模試は問題の質が高く、そこで十分な論点を拾えているかを確認することは自分の知識面の過不足をチェックするのに極めて有用です。また、答練や模試を受け、きちんと時間制限を意識した上で、伊藤塾に通うレベルの高い周りの受験生が書いた答案と比較される中で、それでも良い評価をしてもらえるよう自分の答案をより高いレベルに上げていく作業が合格への一番の近道だと思います。

岡安 倫矢さん

<東京大学法科大学院(既修)修了>

受講講座:司法試験入門講座本科生、司法試験 演習秋生、司法試験 個別指導など
伊藤塾のおかげで合格できました。マンツーマン個別指導の秋島講師、在宅校のスタッフの方には、特にお世話になり、ありがとうございました。個別指導では、秋島講師に一つ一つ自分の答案の弱点を指摘頂き、どうすれば、答案上で伝えることができるかを具体的にご指導いただきました。また、判例について、法科大学院で学び、理論は分かっていましたが、それを答案にどのように書くのかについては、秋島講師のご指導がなければ、難しかったと思います。

合格者が学んだ!基礎マスター・論文マスターが入っている講座はこちら!

司法試験入門講座_司法試験合格まで実勢を出せるのは伊藤塾だけ!