【5】予備試験とは

   短答式試験 論文式試験 口述試験
受験資格 特になし 当該年度の短答式試験合格者 当該年度の論文式試験合格者
実施時期 5月中頃 7月頃 10月頃
試験日 1日 2日間 2日間
科目 ■法律基本科目
(憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法)

■一般教養科目
(人文科学、社会科学、自然科学、英語)
■法律基本科目
(憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法)

■法律実務基礎科目
(民事訴訟実務、刑事訴訟実務及び法曹倫理)

■一般教養科目 ※
(人文科学、社会科学、自然科学)
※2022(令和4)年実施の予備試験より一般教養科目は廃止。一方で「選択科目」が導入される。(司法試験法第5条第3項)
■法律実務基礎科目
(民事、刑事)
試験問題出題形式 ■マークシートによる解答。

■法律基本科目は
各科目10~15題程度。
一般教養科目は40問程度の出題から、20問を選択して解答。
憲法・行政法:1時間
民法・商法・民訴法:1時間30分
刑法・刑訴法:1時間
一般教養科目:1時間30分
■各科目1題程度。
憲法・行政法2時間20分、民法・商法・民訴法3時間30分、刑法・刑訴法2時間20分。
法律実務基礎科目、民事・刑事3時間。
一般教養科目1時間。
 ■事案を与えられて口頭試問
合否判定 合計得点 合計得点 合計得点
最短で法律家になる方法。予備試験ルートで司法試験に合格する

【試験制度Q&A】 知りたい!こんな疑問・不安

 聞きたかった答えがここに!伊藤塾が司法試験制度に関する皆様の疑問にお答えします。

司法試験合格後

予備試験合格の先の司法試験合格。
合格後にはどんな仕事につくか考えることは、試験勉強のモチベーションにもつながります。 

【3】合格後の仕事概要

 司法試験に合格したら、何になれるのでしょうか。
司法試験の勉強は、弁護士、裁判官、検察官といった「法曹三者」のほか、さまざまな選択肢が拡がっています。

司法試験 合格後(実務家レポート)

 現在実務で活躍されている伊藤塾出身の方や先輩弁護士の皆様からのメッセージです。今に至るまでの軌跡、現在の業務、そしてこれから法律家を目指す方への応援メッセージが記されています。

合格後を考えるあなたに 

伊藤塾の「合格後を考える」取り組み 

「真の法律家・行政官」になるには、知識、思考力・応用力、問題発見・解決能力をバランスよく養うことが必要だと考えます。伊藤塾では、合格後「本物の法律家・行政官」として市民のために活躍できるこれらの「力」を、皆さんに養っていただくため、様々な企画やイベントをご用意しております。合格のための知識やノウハウのみならず、人材育成を目的として受験指導にあたるのは、他の指導校にはない伊藤塾の大きな特長の一つです。

司法試験入門講座とは

法律知識ゼロから、司法試験に必要な力を短期間で身につけることができ、予備試験合格および難関法科大学院特待生合格(学費の全額・半額免除)が目指せます。
2022年からの予備試験(論文)選択科目実施にも対応!
<タイプ・学年別コース紹介> 
社会人・既卒者向け プランLinkIcon
高校生・大学1年生向けプランLinkIcon
大学2年生向けプランLinkIcon
大学3・4年生向けプランLinkIcon
1年で予備試験を合格したい方向けプラン LinkIcon

司法試験入門講座


【対象者別】働きながら予備試験・司法試験 合格!

司法試験受験指導校選び3つのポイント