司法試験 受験指導校(予備校)選び 3つのポイント

司法試験合格NAVI
合格しなければ意味がない!     
予備校選びの基準はやっぱり実績。
後から取り返すことのできない時間を有効な投資にするため、実績を支えるポイントは何かをお教えします。

Point1,
知識の
「穴」なく、精度の高い学習ができるか。

本試験では、当然知っておくべき知識を前提に、自分の言葉で表現することが求められます。
そのため、知識の「穴」はもちろん、その知識の背景(趣旨)も含めて正確に理解できているか、つまりは「精度」が要求されますので、予備校のテキストにも同様の「網羅性」と「精度」が必要であることは自明のことと言えます。

伊藤塾の入門講座は知っておくべき知識を漏れなく網羅
さらにしっかり時間を掛けて、その精度を上げていくから本番に強い


Point2,
多様な「再現答案」に基づいた指導がなされるか。

司法試験も予備試験も、論文式試験が天王山。
なぜ司法試験や予備試験が「最難関」といわれるのか。それはこの論文式試験に「正解」がないからです。
当然法務省も論文式試験の「解答」を発表しませんし、合格者の答案もバラバラ。受験生にできることは、実は「合格答案」を書くことではなく、「合格可能性の高い答案」に限りなく近づけていく努力だけなのです。では、その努力のために何を目印にできるのか。答えは3つです。

出題趣旨
法務省が合格発表後に公表する、何をその問題で試したかったのか、ならびにそれに照らしてどういう論述をすべきであったかを明らかにしたもの。
 
採点実感
法務省が司法試験の合格発表後に公表する、論文本試験答案全体に講評を行ったもので、マイナス評価のポイントなども度々指摘される。※司法試験のみ公表

 
再現答案
受験生が本試験後に現場で書いた答案を再現したもの。この合格答案、不合格答案の共通項を身につけ、また避けることで合格レベルに近づく。

 
このうち、自力では手に入らない再現答案については、多様な答案から合否を分けるポイントとなる「共通項」を括り出すことになるので、相当数が必要になることは言を待たないでしょう。

納得!
膨大な受験生データを持つ伊藤塾だから、正解のない試験でも合否のポイントを把握。それが講座に還元されるから、論文式試験にも強い

Point3,
実務の「バランス感覚」を身に付けられるか。

司法試験本試験は、実務家のように考える力を試しています
過去の司法修習は2年間あり、試験と実務を架橋する研修を行うことが十分に可能でしたが、1年しかない現在の修習期間ではそこまでは叶いません。そこで今は、その短くなった分の実務家としてのスキルを試験までに仕上げてくることが求められています。
つまり「論理として成立していたとしても、実務家としての判断に問題がある答案は評価されない」ということを意味します。
ですから、今は実務現場におけるバランス感覚・常識を受験生のうちに身につけることは合格にとって必須ですが、それは当然実務家にしか伝えられないものでもあるのです。

◎司法試験本試験問題平成28年公法系科目第1問(憲法)[設問1]
あなたが弁護士としてAの付添人に選任されたとして、性犯罪者継続監視法が違憲であることを訴えるためにどのような主張を行うかを述べなさい。(以下略)
◎司法試験本試験問題平成27年公法系科目第1問(憲法)[設問1]
あなたがBの訴訟代理人となった場合、Bの主張にできる限り沿った訴訟活動を行うという観点から、どのような憲法上の主張を行うか。(以下略)
◎平成25年司法試験の採点実感等に関する意見(※)
(公法系科目第1問)
処分意見の主張においては(中略)、市民生活の平穏と商業活動に及ぼす弊害の防止を理由とする付随的規制が問題となるが(中略)、それらの「弊害」防止の必要性、デモ行進の重要性、さらにデモ行進の中止以外の手段による弊害の防止の可能性を十分に検討することなく、観念的、抽象的に断定する答案が少なからず見られた。実務法曹には、様々な利益をしっかり衡量するという視点が常に求められる。※一部抜粋

だから伊藤塾の入門講座担当講師は全員が弁護士。現場で培った法律家としての感覚を含めて指導するから、司法試験に強い

他の指導校から、伊藤塾に入塾された方の声

利用者の声

社会人 Cさん

オンライン講座とそれをフォローする個別指導を行っている他の受験指導校で1年間予備試験の学習をしましたが、短答式試験で惨敗に終わりました。
原因として仕事のため勉強時間を十分に確保できなかったこともありますが、もう一つの理由としては、上記受験指導校の内容にも問題があったように思います。講義テキストは誤植が多いだけでなく、内容も全体像が分かりづらく、項目も見づらいものでした。また個別指導とは謳っているものの、主体的なサポートはなく、質問があれば受け付ける程度のお粗末な指導体制でした。
限られた時間を本当に価値のあるものに費やすために、今回実績のある伊藤塾で改めて勉強しなおすことを決意しました。
 

利用者の声

大学生 Bさん
慶應義塾大学 法学部1年

私は高校3年の11月に伊藤塾以外の受験指導校の入門講座を申込みました。大学受験は推薦入試でしたので、その段階で既に法学部への入学が決まったこともあり早速学習を始めようと思ったところ、公認会計士をしている父親が受験時代にその受験指導校を利用していたこともあり、特に何も調べることもなく何となくその受験指導校の講座を申し込みました。
ただ実際に受講してみると、テキストに書いていることに触れてくれなかったり、テキストやレジュメのどこを説明しているのか分からなかったり等々、非常に分かりづらく、講師本人は分かっていても受講している側は分からないのに…、と思うことが度々ありました。
その後大学に入学した後、既に伊藤塾に入塾している友人が出来、実際の講義テキストを見せてもらったところ、その内容が非常に分かりやすく驚きました。また法律系サークルに入ったところ、その先輩の多くが伊藤塾に入っていることや、実績が一番出ている受験指導校も伊藤塾であることを知り、伊藤塾で学習をし直したいと考えるように、入塾をすることにしました。
大学には伊藤塾に通う友人も沢山できましたので、そのような仲間たちと心機一転自分の目標を伊藤塾で実現していきたいと思います。

利用者の声

大学生 Cさん

過去の受験指導校は価格が安くて、初心者でも司法試験の勉強が始めやすそうでした。
やはり実際に受講してみると、初心者にはわかりにくい点が多く、丁寧に説明してほしいところがありました。
今回、伊藤塾を選択した理由は周りの大学の人たちが伊藤塾に多く通っていること、また、実績がすばらしく、講義の評判もいいためです。

まずはイベントに参加する
進路相談・受講相談する
講座に申し込む