伊藤塾で司法試験に合格できる6つの理由

伊藤塾は開塾以来、圧倒的な合格実績を維持しています。
それを支える基盤には、確固たる指導スタンスがあります。
膨大な合格者データから弾き出された、合格のために必要な量・質、これらに徹底的にこだわったカリキュラムと、それをより効果的に指導する講師陣の力との相乗作用が、最短距離で合格へと導きます。
そして、新しい合格者がまた新たな要素を加えることで、伊藤塾の"合格できる"好循環はさらに加速を続けています。

 理由.1 【網羅性の高い知識】
知識の「穴」なく、「精度の高い」学習

本試験では、当然知っておくべき知識を前提に、自分の言葉で表現することが求められます。そのため、知識の「穴」はもちろん、その知識の背景(趣旨)も含めて正確に理解できているか、つまりは「精度」が要求されますので、受験指導校のテキストにも同様の「網羅性」と「精度」が必要であることは自明のことと言えます。

伊藤塾の入門講座は知っておくべき知識を漏れなく網羅
さらにしっかり時間を掛けて、その精度を上げていくから本番に強い


 理由.2 【確かな方法論】
多様な「再現答案」に基づいた指導

司法試験も予備試験も、論文式試験が天王山。なぜ司法試験や予備試験が「最難関」といわれるのか。それはこの論文式試験に「正解」がないからです。当然法務省も論文式試験の「解答」を発表しませんし、合格者の答案もバラバラ。その一部に過ぎない、一人の天才や一講師の答案を模倣するだけでは、誰もが合格できるための指導はできません。これまでの十数万通にも及ぶ膨大な再現答案を分析・解析し、カリキュラムや講義へ還元する過程こそが、誰にもあてはまる「合格可能性」を高めることにつながるのです。

再現答案
受験生が本試験後に現場で書いた答案を再現したもの。この合格答案、不合格答案の共通項を身につけ、また避けることで合格レベルに近づく。

 

膨大な受験生データを持つ伊藤塾だから、正解のない試験でも合否のポイントを把握。それが講座に還元されるから、論文式試験にも強い。

 理由.3 進化し続ける指導内容
実務の「バランス感覚」を伝える講義内容

現在の司法試験は、実務家のように考える力を試しています。そのため法科大学院や予備試験では、実務知識を身につけることが必要とされます。実務現場におけるバランス感覚・常識は当然実務家にしか伝えられないものです。そのため、講師には弁護士としての実務経験が求められます。実務の研修も、日々の研鑽も受けていない単なる司法試験合格だけの講師では、司法試験まで合格できる指導をすることができません。

だから伊藤塾の入門講座担当講師は全員が弁護士。現場で培った法律家としての感覚を含めて指導するから、司法試験まで強い


 理由.4 アウトプットの量も豊富
全113回講座にも及ぶ、豊富なアウトプット「答案添削指導」

【短答】
伊藤塾生学習支援システムでは、司法試験・予備試験の過去に出題された全問題を、演習システムとして完備。一問一答形式から、過去問と同じ出題形式でも、年度別にも、分野別にも、自由自在に演習できる。学習1年で短答1位合格者も輩出した、実績ある学習ツールで、基礎知識の定着をしっかり支えています。

【論文】
リーガルトレーニングでは、基礎マスター段階・論文マスター段階の2段の論文答練(42回)に加えて、さらに予備試験の論文式試験の全過去問の添削指導(71回)まで、全113回の添削指導を実施します。予備試験・司法試験は論文式で行われる試験。他とは比較にならないアウトプット量が、伊藤塾の圧倒的な合格実績につながっています。

2年を通じてインプットとアウトプットを両立させる徹底した演習機会と添削指導。過去問で完成させるため、天王山である論文力が確実に身につく。


 理由.5 充実したサポート制度
合格に必要なすべての要素を兼ね備えた「合格カリキュラム」「サポート制度」

誰もが大学に入って、または社会人として、初めて勉強する「法律」。高校までの学習とは異なり、ゼロからのスタートとなります。そのため、学習方法を誤ると、無駄な労力と時間を費やしてしまいます。合格実績に裏打ちされた「合格カリキュラム」のもと、盤石な基礎知識を学ぶ「基礎マスター」、論文の思考過程と書き方を身につける「論文マスター」の2大講座をはじめ、疑問点をタイムリー・スピーディーに解消できる「質問制度」や、講師・先輩合格者に直接相談できる「カウンセリング制度」、いつでもどこでも確認テストを実施できる「Web演習システム」などの「各種サポート制度」を、伊藤塾の司法試験入門講座はすべて含んでいます。余計な心配をせずに、先輩合格者と同じ道を歩むことができる学習制度が、次世代の合格者たちをさらに生み出すことにつながっています。

合格に必要な要素を全て含んだ「カリキュラムだから」、安心して学習に専念できる。充実したサポート制度があるから、学びやすい


 理由.6 万が一の際も安心
必要かつ安心の「4年間」の配信期間

伊藤塾の司法試験入門講座は、司法試験合格まで通ずる講座内容となっています。入門講座の2年間、その翌年の予備試験、さらに翌年の司法試験まで、講義を必要な部分を何度でも聴講することができるように、本科生の配信期間を4年間としています。入門講座の学習期間2年の間には、大学生活にも、働く環境にもさまざまな変化があります。まずは学習のコツを掴んでおいて、配信期間のおかげで追い詰められることなく、どのような状況であっても、安心して学習を始めてもらえるためのサービスとして、学習を続けやすい環境を整備しています。

司法試験まで通ずる内容だから、長期の配信期間を確保。
万が一のときも、学習を継続できるので、安心して始められる。


他の指導校から、伊藤塾に入塾された方の声

利用者の声

社会人 Cさん

オンライン講座とそれをフォローする個別指導を行っている他の受験指導校で1年間予備試験の学習をしましたが、短答式試験で惨敗に終わりました。
原因として仕事のため勉強時間を十分に確保できなかったこともありますが、もう一つの理由としては、上記受験指導校の内容にも問題があったように思います。講義テキストは誤植が多いだけでなく、内容も全体像が分かりづらく、項目も見づらいものでした。また個別指導とは謳っているものの、主体的なサポートはなく、質問があれば受け付ける程度のお粗末な指導体制でした。
限られた時間を本当に価値のあるものに費やすために、今回実績のある伊藤塾で改めて勉強しなおすことを決意しました。
 

利用者の声

大学生 Bさん
慶應義塾大学 法学部1年

私は高校3年の11月に伊藤塾以外の受験指導校の入門講座を申込みました。大学受験は推薦入試でしたので、その段階で既に法学部への入学が決まったこともあり早速学習を始めようと思ったところ、公認会計士をしている父親が受験時代にその受験指導校を利用していたこともあり、特に何も調べることもなく何となくその受験指導校の講座を申し込みました。
ただ実際に受講してみると、テキストに書いていることに触れてくれなかったり、テキストやレジュメのどこを説明しているのか分からなかったり等々、非常に分かりづらく、講師本人は分かっていても受講している側は分からないのに…、と思うことが度々ありました。
その後大学に入学した後、既に伊藤塾に入塾している友人が出来、実際の講義テキストを見せてもらったところ、その内容が非常に分かりやすく驚きました。また法律系サークルに入ったところ、その先輩の多くが伊藤塾に入っていることや、実績が一番出ている受験指導校も伊藤塾であることを知り、伊藤塾で学習をし直したいと考えるように、入塾をすることにしました。
大学には伊藤塾に通う友人も沢山できましたので、そのような仲間たちと心機一転自分の目標を伊藤塾で実現していきたいと思います。

利用者の声

大学生 Cさん

過去の受験指導校は価格が安くて、初心者でも司法試験の勉強が始めやすそうでした。
やはり実際に受講してみると、初心者にはわかりにくい点が多く、丁寧に説明してほしいところがありました。
今回、伊藤塾を選択した理由は周りの大学の人たちが伊藤塾に多く通っていること、また、実績がすばらしく、講義の評判もいいためです。

進路相談・受講相談する
メルマガ購読の登録をする