開催場所

{"koza_id":"19A42013"}


日程

LinkIcon 日程表
法科大学院別 法律科目論文模試
 慶應義塾大学編・早稲田大学編・東京大学編・京都大学編

 ※慶應義塾大学[学部3年生4科目入試]対応 
 ※京都大学[法学部3年次生出願枠]対応   


講座内容

【改正民法対応】
本試験と同形式、同じ緊張感の中で最終調整!
■ 法科大学院別 法律科目論文模試
<慶應義塾大学編・早稲田大学編・東京大学編・京都大学編>
本模試では、各法科大学院の出題傾向を的確に捉えた予想問題に、本試験同様の形態で取り組みます。本模試で最終準備をすることで、ライバルに差をつけ、合格を引き寄せることができます。
 
POINT1 各法科大学院の出題を徹底分析して作られた予想問題。改正民法対応も準拠。
伊藤塾では毎年、各法科大学院の問題と膨大な数の再現答案を集約し、検討を加えて、各法科大学院ごとに、その合格に必要とされる力、受験生に対して問おうとしている内容を徹底して分析しています。
慶應・早稲田・東大・京大といった難関法科大学院では、いわゆる多論点型の事案処理を要する問題だけでなく、単一論点についての深い理解を問う問題や、事案分析そのものに手がかかるような、通常の答練ではトレーニングしにくいような出題がされる場合があります。
本模試では、最新の情報による詳細な分析に基づき、各法科大学院の出題傾向を的確に捉えた問題を本試験同様の形態で出題します。この模試で志望する法科大学院入試対策を万全なものとしてください。
 
POINT2 本番で焦らないために、本試験を疑似体験!
本模試では、本試験と同じ時間帯、同じ解答時間で論文を作成します。論述式試験でも時間配分の巧拙は合否に直結しますが、法科大学院入試は出題形式・解答時間とも各校で異なります。慣れない形式に焦り、本試験で実力が発揮できないという事態を避けるためにも、また、本試験独特の緊張感に慣れるためにも、予行演習は必須です。


カリキュラム

 
■法科大学院別 法律科目論文模試
各大学編 1回(各法科大学院の試験と同時間で実施)


{"koza_id":"19A42013"}

このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"19A42013"}