司法試験(司法試験予備試験/法科大学院)

トップ > 資格・試験一覧 > 司法試験 ( 司法試験予備試験 / 法科大学院 ) > 対策講座案内 > 2021年 予備試験 論文直前答練 全国公開論文模試

{"koza_id":"21A34011"}

{"koza_id":"21A34011","pageName":"2021年 予備試験 論文直前答練 全国公開論文模試"}

日程 |  カリキュラム |  講座内容 |  使用教材 |  レビュー 

日程

 
▽「論文直前答練」
LinkIcon Web(通信)受講 日程 教材 5/10(月)発送開始
LinkIcon 教室(通学)受講 日程 5/18(火)より東京校・大阪梅田校・代ゼミ札幌・仙台校・代ゼミ福岡で実施
 
▽「全国公開論文模試」
LinkIcon 通信受講 日程 教材 6/7(月)発送開始
LinkIcon 教室(通学)受講 日程 6/12(土)・13(日)より東京校(+TKPガーデンシティ渋谷)・大阪梅田校・代ゼミ札幌・仙台校・代ゼミ福岡で実施
 
*TKPガーデンシティ渋谷 アクセス方法はこちら
 
※東京校(+TKPガーデンシティ渋谷)・大阪梅田校・仙台校でご受講の方へ
教材は、教室受講の方へも発送いたします。実施日にご持参いただきますようお願いいたします。
 
※ソーシャルディスタンスを確保しての実施とさせていただきます。
また、状況により教室(会場)実施は中止させていただく場合がございますので予めご了承ください。


カリキュラム

「論文直前答練」
全16回
法律基本科目: 憲法・行政法、民法・商法・民事訴訟法、刑法・刑事訴訟法 2回
法律実務基礎科目: 民事・刑事 2回
一般教養科目: 2回

【答練の流れ】 *解説講義はWeb受講です。
憲法・行政法/刑法・刑事訴訟法: 答練2時間20分→解説講義60分
民法・商法・民事訴訟法: 答練3時間30分→解説講義90分
法律実務基礎科目: 答練3時間→解説講義60分
一般教養科目: 答練1時間→解説講義30分

【担当講師】
法律基本科目: 憲法・行政法 伊関 祐 講師、民法・商法・民事訴訟法 赤羽根 大輝 講師、刑法・刑事訴訟法 山本 悠揮 講師
法律実務基礎科目: 民事・刑事 岡崎 敬 講師
一般教養科目: 坂本 正彦 講師

担当講師

{"koza_id":"20A34011"}

2021年4月~5月

「全国公開論文模試」全1回
法律基本科目・法律実務基礎科目・一般教養科目
*解説講義はございません。


講座内容

直前対策の王道、伊藤塾の「論文直前答練」
論文式試験までの限られた時間で、もっとも注力しなければならないのは、論文実践力の強化であり、直前期の答練受講は必須です。 伊藤塾の論文直前答練は、出題内容・解説講義・添削はもちろん、実施回数・実施日程にいたるまで、論文実戦力の強化にとどまらず、知識の確認・補充のペースメーカーともなる、直前期の答練に求められるすべてを兼ね備えた答練です。

直前答練では、論文実戦力の強化にふさわしい問題を厳選して出題します。単なる論点の詰め込みではなく、問題分析力・論点抽出力・答案構成力・論文表現力・現場思考力といった「現場で活きる力」を全方位的に、点検・強化できる問題を出題します。

全16回で実施される直前答練は、限られた時間内で効率よく全科目・全範囲の知識の確認・補充をする上で、効率的なペースメーカーとなります。答練受講を指標として学習を進めれば、公開模試までに、偏りなく効率的に知識の確認・補充をすることができます。

解説講義は、論文答案作成で確かな実績のある講師が担当します。自身の合格経験のみならず、その後の指導経験から得られた「出題者の視点」や「実務家の視点」から、本試験での高評価につながる合格答案の要件を徹底指導します。

伊藤塾の答練では、自分で添削内容をオーダーメイドできます。答案を作成した際に迷いが生じた点や答案上には書かなかった点、解説レジュメで理解できなかった箇所など、自分自身の答案に即した質問をすることで、疑問や不安を明快に解消することができます。また、リスト化された論点と照合して点数を割り出す画一的な採点方法は採用せず、一通の法律論文として、基礎知識を前提とした論理的思考過程が表現できているかを添削することで、より本試験に近い実力判定を可能にしました。

*一般教養科目は通常添削です。
*答練を教室受講の場合は、答練終了後に答案を提出していただきますので、解説講義を受講しながらの自己採点はできません。

 

▲画像クリックで拡大表示

 


本番直前の最終確認「全国公開論文模試」

論文本試験では、2日間で10科目/10通(法曹倫理を含めると11科目)の答案を書かなければなりません。この過酷な条件下で行われる論文本試験に挑むためには、事前のシミュレーションが不可欠です。
全国公開論文模試では、論文本試験のシミュレーションとして、本試験と同じ時間帯、形式、緊張感の中で実施します。出題する問題も、伊藤塾が考える直前期に有益な最良の問題を準備します。本模試を有効活用して、万全の態勢で本番に臨んでください。

論文本試験さながらの緊張感の中で、10科目、計10通の答案を書き上げる最後の訓練の場としてご活用ください。

<1日目>
9:30~11:50 --- 憲法・行政法
13:15~15:35 --- 刑法・刑事訴訟法
16:30~17:30 --- 一般教養科目
<2日目>
9:30~12:30 --- 法律実務基礎科目(民事・刑事)
14:00~17:30 --- 民法・商法・民事訴訟法

予備試験の論文式試験では、「現場思考」を問う問題が多く出題されています。しかし、「現場思考」といっても、それは、本試験の現場で一から考えることを意味しません。身につけた基本的知識を現場でうまく使いこなすことができるかどうかが試されているのです。
伊藤塾の全国公開論文模試では、論文式試験の出題傾向を徹底的に分析・検討し、練り上げられた質の高い問題を用意しています。形式面のみならず、内容面においても受ける価値のある伊藤塾の全国公開論文模試で、受験本番に向けて万全を期してください。


使用教材

  • 「論文直前答練」伊藤塾オリジナル問題・論述例(下記ご参照) *受講料に含まれます。
  • 「全国公開論文模試」伊藤塾オリジナルテキスト *受講料に含まれます。

▲画像クリックで拡大表示

  予備試験合格者からのメッセージをご紹介します♪
◆E.Lさん
答練は、自分の理解がしっかり添削者に伝わるかを試す、よい機会でした。自分では筋の通った文章を書いているつもりでも、冗長であったり、論理の飛躍があったり、キーワードが入っていなかったりすることがあり、自分で答案例と比べるだけではなかなか改善点に気づけません。伊藤塾では、細かいところまで指摘してくださる添削者が多く、自分の答案を客観的に見直す、貴重な機会となりました。また、模試では自分の相対的な立ち位置を知るだけでなく、本番同様の緊張感のもと、体調管理や、休み時間の過ごし方といった細かいところまでシミュレーションすることができました。答練、模試を通じて、得意科目や苦手科目について、自分の手ごたえと結果とが一致するかどうかを確認する良い機会になりました。模試や答練で、自分では書けたと思っていたにも関わらず結果が悪かったものについては、本番でも「周りが書いていることを必ず書く」「基本的なところで書き負けない」ことを意識しました。本番の緊張のなかで、どこを目標にして答案を仕上げるべきか知っているのは、かなりの安心材料となりました。

さらに合格者の声を読む ▼

◆E.Sさん
論文直前答練は出そうな分野を出してくれますし、1週間で4回分解くので、短答期間で落ちた論文力を取り戻すリハビリにもなります。また、勉強が行き届いていない最新判例から出題してくれるので、足りない知識を補強する点でも有効でした。論文模試は問題の難易度が非常に高く、本番さながらの焦りを感じながら受講できます。また本番と同様のスケジュールで受講できるのが魅力的です。2日間の論文試験はペース維持が難しいところもあるので、一度本番のスケジュール下で生活しておくとしておかないのではかなり違いがあると思います。

◆F.Uさん
予備試験の論文は1つの正解がないように見えて、実は正解筋というものは存在しています。そのため、自分の考えを貫くのみでは本試験で好成績を取れない可能性があるため、自分の答案を第三者に添削してもらい点数化されるという経験は非常に役に立ちました。また、解説冊子がとても詳細でした。自分が「書けた」と思った点についても、実は根本的な理解が足りていなかったと気づかされたことが多々あり、そのたび学習の方向性を修正することができました。答練や模試で良い点数を取ることを目標に小さなスパートを繰り返すことで本試験までモチベーションを保つことができました。


{"koza_id":"21A34011"}

このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"21A34011"}