司法試験(司法試験予備試験/法科大学院)

トップ > 資格・試験一覧 > 司法試験 ( 司法試験予備試験 / 法科大学院 ) > 対策講座案内 > 2024年合格目標 司法試験 過去問・答練フルパック

{"koza_id":"23A20047"}

{"koza_id":"23A20047","pageName":"2024年合格目標 司法試験 過去問・答練フルパック"}

これから本格的な司法試験対策を開始する方向け
司法試験過去問の徹底分析で合格答案を体得しながら、豊富な論文答練を通じて実戦トレーニングを重ねていきます。
ペースメーカー論文答練(<後期>:模試8回分相当)で科目ごとに対策し、最後に模試で総仕上げを!


【本講座お申込方法】
教室・会場受講を希望される方は、次の2点を登録・お申込ください。
----------------------------------------------
【1】パック本体の申込(講義配信+教材発送の申込・登録)
----------------------------------------------
【2】校舎・会場クラスの教室登録(教室・会場受講の申込・クラス(日程)登録)
①ペースメーカー論文答練、②TKC全国統一模試のご案内となります。
※①②のうち、一部の講座についてのみ教室・会場受講の登録をすることも可能です。
※ただし②TKC全国統一模試については、Web(通信)受講の場合も登録が必要です。ご登録いただかない場合、教材が発送されません。
※各日程・会場には定員数がございます。
※各日程・会場、教材を発送いたします関係で、登録期限がございます。ご注意ください。
※お一人様、各講座につきそれぞれ1クラス(日程)のみ登録いただけます。
(万が一、各講座においてクラス(日程)を重複して登録された場合は、すべての登録を無効とし、教室・会場ではご受講いただけませんのであらかじめご了承ください。)


カリキュラム  |  日程 |  合格者の声 |  受講料

カリキュラム

◇ 司法試験 論文過去問マスター
過去問対策に必要なすべてが詰まったオールインワン講座
〔時間〕 2016年~2023年 論文解説講義 56時間(各年7時間)※選択科目は含みません。
〔使用教材〕 論述例・再現答案・解説冊子
 カリキュラム詳細はこちら

◇ 司法試験 論文過去問答練《デジタル添削》
添削指導で「自分」の合格答案を仕上げる
〔答練〕 全56問 (7問×8年分 2016年~2023年)

 カリキュラム詳細はこちら

◇ ペースメーカー論文答練《デジタル添削》
高評価を得るための問題文の読み方・答案作成トレーニングの決定版
〔回数〕 
〈前期〉 全28回(28問)
憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法 各科目 4回(4問)
〈後期〉 全12回(32問)
【1stターム】 6回 (公法系:4問、民事系:6問、刑事系:4問)
【2ndターム】 6回 (公法系:4問、民事系:6問、刑事系:4問、選択科目:4問)
〔使用教材〕 伊藤塾オリジナル問題・論述例・解説冊子
 カリキュラム詳細はこちら

◇ TKC司法試験 [短答式]全国実力確認テスト
学習時期ごとに、短答の実力レベルを判定!
〔回数〕 全3回
〔使用教材〕 伊藤塾オリジナル問題・解説冊子
*「短答テストなし」のパックには含まれません。
 カリキュラム詳細はこちら

◇ TKC司法試験 全国統一模試
合格のために受験必須の直前シミュレーション!

〔回数〕 全1回(短答+論文)
〔使用教材〕 伊藤塾オリジナル問題・解説冊子
 カリキュラム詳細はこちら

《デジタル添削とは》添削済答案をマイページ上にデータ掲載します!
LinkIcon 手書き添削より短い期間で添削結果を表示することが可能となりました!
LinkIcon 添削者のコメントもデータ入力で読みやすくなります!
LinkIcon 数多くの答案がマイページ上で管理・確認でき便利に!
 
<デジタル添削の流れ>
1・答案提出(従来どおり郵送(教室受講の場合はその場で提出))
※提出の際、デジタル添削用マークシート型チェックシートをあわせて提出してください。
2・添削結果掲載
マイページ>成績カルテ>[提出した論文答案の返却はこちら] へ添削済答案をデータで掲載します。(提出された答案原本自体の返却はいたしません。)
*“検索機能”や“並び替え機能”で、見たい答案もすぐ見つかります!
*答案閲覧期間は、答案提出期限の2か月後の月末まで! (期限後は閲覧ができなくなりますので必要に応じデータダウンロードまたは印刷等での保管をお願いいたします。)
 
▼添削済答案サンプル


担当講師

{"koza_id":"20A20047"}


日程

教室受講をご希望の場合は、次の2ステップを踏んでお申込ください。

■ステップ1 Web受講の申込(教材発送の申込・登録)
「Web受講」を1点お申込みください。
※Web受講の場合は、ステップ1のみで手続完了です。
 
■ステップ2 クラスの教室登録(教室受講の申込・クラス(日程)登録)
現在は「ペースメーカー論文答練<後期>」「短答式全国実力確認テスト」のみのご案内となります。
「全国統一模試」につきましては詳細確定次第ご案内いたします。

ご希望の日程をご登録ください。
※各日程・会場には定員数がございます。
※お一人様、1クラス(日程)のみ登録いただけます。
(万が一、クラス(日程)を重複して登録された場合は、すべての登録を無効とし、教室ではご受講いただけませんのであらかじめご了承ください。)

■「司法試験 論文過去問マスター 2016年-2023年」
 2016年~2022年:今すぐスタート(憲法のみ後日提供予定)
 2023年:2024/4/12教材発送 2024/4/18講義配信開始
 
■「司法試験 論文過去問答練 2016年-2023年」
 2016年~2022年:今すぐ発送
 2023年:2024/4/12教材発送
 
■「ペースメーカー論文答練」 
 <前期> 今すぐスタート   LinkIcon  <前期> 詳細はこちら 
 
<後期> 2023年11月より開講   LinkIcon  <後期> 詳細はこちら 
 
■「TKC司法試験 [短答式]全国実力確認テスト」
 2023年9月より開講   LinkIcon  >>詳細はこちら 
 
■「TKC司法試験 全国統一模試」 
 2024年3~6月実施予定   LinkIcon  >>詳細はこちら


司法試験合格者も早めの過去問対策を推奨しています!
「司法試験論文過去問マスター/答練」
Bさん  よかったこととしては、早い段階での過去問の検討が挙げられます。法科大学院入学当時から過去問を解いていました。当時はわからないことだらけでしたが早い段階で取り組むことでその後の学習で気をつけるべき点を把握できたと思います。

Cさん  司法試験の過去問をひたすら、全年度2周ほど解きました。限られた期間なので、意識して早めの時期から、気合いを入れて試験勉強に取り組みました。そして、TKC模試に向けてピーキングできるよう調整しました。

Fさん  司法試験論文過去問マスターを受講し、過去問は8年分に取り組みました。全部答案を書いたわけではなく、答案構成で済ませた年度も多いです。できればもっと答案を書く練習をして、2時間の使い方に慣れておきたかったです。

Gさん  過去問研究をひたすら行いました。全年度やるのが理想だと思いますが、実際にできたのは平成23年以降だったので、なるべく早めに着手してほしいと思います。司法試験までの時間はあっという間に過ぎるので、新たな教材には手を出さず、今まで使用した教材+司法試験過去問のみで必要十分だと思います。
《司法試験合格者が薦める『ペースメーカー論文答練』のイチオシPOINT!》
R.Iさん 司法試験合格時:中央大学法科大学院(既修)修了
ペースメーカー論文答練は実際の試験と同じくらいの難易度の問題や、手薄になりがちな論点を書く機会にもなるので良いと思いました。 また採点システムがあるので、自分の書いたことが第三者からフィードバックされるのも良い収穫となりました。

K.Yさん 司法試験合格時:東京大学法科大学院(既修)修了
定期的に論文のアウトプットを行うことにより,自分の苦手な部分が顕になりとても助けになった。ペースメーカー論文答練と過去問を繰り返し解くことで,おおよその種類の問題に慣れることができたので,本番での自信につながったと感じる。

Y.Kさん 司法試験合格時:名古屋大学法科大学院(既修)修了
同じく答練を受けた優秀者の答案と自分の答案とを比較することで、どのように書けばいいか気づくことができました。ま本番の試験までに自分ができないとわかった点を見直し、復習して自分に定着させることができました

G.Sさん 司法試験合格時:慶應義塾大学法科大学院(既修)修了
ペースメーカー論文答練は、論文マスターの発展系であり基礎マスターや論文マスターで学んだ論点を暗記しただけでは解答できないような問題が出題されることもあります。これはまさに、本番の司法試験で起こる現場対応型論点をどう解答していくのかという訓練をすることができる重要なものであったと思います。

T.Sさん 司法試験合格時:九州大学法科大学院(未修)修了
ペースメーカー論文答練では、講師答案だけでなく、試験時間中の現実的な答案を、講師が作成し解説してくれるため、試験を受けるときの心構えや、現実的な答案を書くうえで、どのように工夫するかという実践的なことを学べて、とても参考になりました。

T.Bさん 司法試験合格時:東京大学法科大学院 (既修) 修了
問題の内容が司法試験論文過去問を参考にして作成されていること、受講する受験生が一定数いることからどのくらいの位置に自分がいるかを把握できることから、本番でしっかりと合格できる答案を書くイメージをつかめたので、精神的に余裕ができたと思っています。

受講料

『司法試験 過去問・答練フルパック』 一般受講料 611,100円
『司法試験 過去問・答練フルパック 短答テストなし』 一般受講料 584,700円

 
※本講座は、別途入塾料10,000円が必要となります。あらかじめご了承ください。



このコースで受けられるサービス

{"koza_id":"23A20047"}